全米一住みたい街ポートランドの街づくりを伝える、OurAge世代の日本人女性

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。全米で一番住みたい街に上がることが多いポートランド。私にとっては、家族がいる街。環境を考えたサステイナブルなライフスタイル、ローカルに根ざした心地よい暮らしが、流行最先端都市とはまた違った魅力を放つのだと思います。そんなポートランドの大学で、住民主体の行政のあり方について教鞭を取るのは、なんとOurAge世代の日本女性!どういうきっかけで?どんなことを教えておられるのか?興味津々でうかがって来ました。

ポートランドは、成田からデルタ航空の直行便を利用すると往路は9時間ほど。

自然に囲まれた街の中央にウィラメット川が流れ、晴れればオレゴン州最高峰で日系人からオレゴン富士と呼ばれたフッド山が美しい姿を見せます。

 

緑多いダウンタウンにあるポートランド州立大学(通称PSU)。ここで、行政や公共問題について研究し、教壇に立っているのが西芝雅美准教授。日々の大学生対象の授業だけではなく、ポートランド市やオレゴン州の事例を日本から学びに来る人向けに「JaLoGoMa(Japanese Local Government Managers Training Program)」というプログラムも主宰されています。

JaLoGoMaは、元々、東京財団の日本の市区町村職員人材育成プログラムの一環で、住民主体の自治にフォーカスした事例を日本語で学ぶプログラムとして、2004年より年に1回夏に実施されていたもの。2016年に東京財団の下の実施が終了後、この住民主体の政策やコミュニティのあり方を日本でいろいろな方に参考にしてもらうべく、2017年からは門戸を一般にも広げ、参加者を公募で実施されています。

2017年は、市町村職員だけではなく、企業勤めの方や教職者、ケアマネージャー、企画型の雑貨店経営者、県会議員や町長など多彩な参加者が19名、5日間みっちりとポートランドの街づくりの様々な事例を見て歩くというので、私も1日参加。ホームレスの女性や子供達が恒久的な住居を探すまでの間の住宅を提供している「ケントン女性村」の見学に同行することに。

ポートランドでは空港から市内へも含めて、車がなくても公共交通機関を利用してかなりの移動が容易。この日も大学に参加者が集まり、事前の討議をした後、路面電車で移動。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第60回
全米一住みたい街ポートランドの街づくりを伝える、OurAge世代の日本人女性

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top