飯野晴子さん/一流ホテルで自分磨き③


プロデューサー、ブロガー 飯野晴子さんが伝授!

 

一流ホテルで自分磨きレッスン

 

大人の女性なら一流ホテルでスマートに過ごすことが、自分磨きにもなります。

そんなポイントをOurAge世代の先輩、広告代理店の伝説的な営業ウーマンを経て、現在も精力的に活躍&ホテル通でもある飯野晴子さんに教わります!

 

 

ホテルを賢く
しっかり使いこなす!

 

一流ホテルを訪れると、気後れすることはありませんか?
それを克服して、使いこなすことが自信になり、素敵な大人の女性への第一歩に。

今回は飯野さんお気に入りの「パレスホテル東京」に全面協力をいただき、そのポイントを紹介!

前回に続き、ホテルを賢く使いこなすためのSTEP5、6について詳しくご紹介します。

 

 

飯野晴子さん Haruko Iino

ペールトーンのレースのトップスに、スタイルよく見える白いパンツスタイル。トップス・パンツ/machiko jinto london(バッスル)

 

1943年生まれ。35歳で離婚後初めて就職。

広告代理店営業ウーマンに道を開き、数々のラグジュアリーブランドを担当。

退職後は都会と海辺の家を行き来し、企業や商品のPRプロデュース、

講演、TVなどで活躍。毎日更新するブログが大好評。
https://ameblo.jp/iino-haruko/
公式サイトwww.iinomom.com/

 

 

 

ホテルにふさわしいこだわりを持つ!

何より、一流ホテルにふさわしいおしゃれをすることは必須。
そんなこだわりを持つことも自分磨きに。

 

 

おしゃれすることは
美容と健康の源です

 

「年齢を重ねるごとに、細心のこだわりを持っておしゃれをすることが大切です」

 

例えば靴。一流ホテルを訪れるからには、洗練された足元は必須。服も一流にふさわしいエレガントなものを。
「年齢を重ねるほどに、きれいな色を身につけたほうが、顔が明るく若々しい印象になります。積極的に色を活用することをおすすめします」

 

こうしたこだわりを持って、定期的に思いきりおしゃれをしてホテルに行くこと。身だしなみを整えることを忘れない心がけが、い
つまでも若々しさを保つ秘訣につながるのです。

 

 

 

STEP5

おしゃれは足元から…は正しい!

「私のこだわりは7㎝ヒールのパンプス。これは若い頃から、ずっと貫いてきたこと。年齢を重ねても、譲れないものを持つことって大切。自分なりのおしゃれ基準を持ってください」

フランスのアズリーというブランドの、サイドが透明になった7㎝ヒールのパンプスを愛用。すべてサンオティ サローネで購入

 

 

 

STEP6

きれいで華やかな色を味方につける

「40代頃までは、服の色は黒や紺などが主流でした。でも年齢を重ねると、美しく華やかな色を身につけたほうが、断然、顔が晴れやかに見えます。バッグやカチューシャなどにも、差し色を加え、色を楽しむのが私流です」

バッグは右がティファニー、左はフェラガモのもの。「小ぶりなものがエレガントです」

 

「髪にボリュームがなくなってきたら、おすすめなのがカチューシャ。私は服に合わせて色や柄を楽しんでいます。年齢とともに、おしゃれもひと工夫が必要です」

 

 

 

パレスホテル東京

東京の中心にあって、自然豊かなロケーション。1961年開業の旧パレスホテル時代から積み重ね熟成されたおもてなし、品格に満ちた「最上質の日本」を体験できます
東京都千代田区丸の内1-1-1 ☎03-3211-5211
http://www.palacehoteltokyo.com

 

 

 

次回は、一流ホテルの人気商品からセレクトして、大人の女性ならこだわりたい手土産をご紹介します。

 

 

撮影/森山竜男 ヘア/山下美恵子(ビューティ山下)

協力/パレスホテル東京 FMG 取材・原文/山村浩子

 

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top