憧れの青い温泉 アイスランドのブルーラグーンへ

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。この夏、かねてより行きたいと思っていた氷と火の国アイスランドを訪れました。アイスランドの美&元気のモトは、雄大な自然の眺めと神秘的な青い温泉「ブルーラグーン」。ケプラヴィーク空港から意外と行きやすいこと、事前に予約が必要なことなど、有名だけど知られていないブルーラグーン紀行です。

 

アイスランドは、北海道ぐらいの大きさの国。なので、首都のレイキャビクを基点にして、有名な観光スポットは1日で回れます。ただし、ブルーラグーンは、レイキャビクから向うと約40分かかりますが、空港からは約20分と、旅の最初か最後に組み込んだ方が効率のよい場所にあります。地平線を見ながら溶岩の固まった大地をひた走ると、地熱発電所の煙が見えてきます。

 

 

ブルーンラグ―ンに行くのにまず大事なのは、必ずチケットをオンラインで事前購入しておかないといけないこと。世界中の旅行者が集まる人気施設ですから、どんどん来たはしから人を入れていくと、芋の子を洗うような状態になってしまいますからね。

 

料金は4つのカテゴリーがあって、入場料と入浴中に顔や身体に塗るミネラル分を含む泥パック込みのいちばん安い「スタンダード」というカテゴリーで6,100アイスランドクローネ(1ISK=1.0427円2017年9月27日現在)。同じカテゴリーでも混んでくると料金があがってしまう仕組みです。

 

私は、「スタンダード」にタオルやドリンクのつく、「コンフォート」というカテゴリーにしました。ドリンクはビールでもOKですし、夏場はこのカテゴリーがおすすめ。寒くなると、もう一つ上のカテゴリーに付くバスロ―ブが必要かも。「コンフォート」は、元は8,000アイスランドクローネとなっていますが、希望の時間帯ではすでに、10,000アイスランドクローネでしかチケットを購入できませんでした。なかなかのお値段です。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第61回
憧れの青い温泉 アイスランドのブルーラグーンへ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top