PR

冷え冷え編集者ひろりん(55歳)「生存確認事件簿」


50代の“あるある”

「ちょっとつまずく」「疲れがとれない」「冷えがつらい」

それ、実は「筋肉痩せ」が原因です!


 

某出版社の50代編集者に襲い掛かる、「筋肉痩せ」による悲劇の数々。

第1回の桜子さんに続き、今回は、真夏でもショールにソックスが欠かせないひろりんさんが登場です。「生存確認事件簿」とは?

 

ひろりん(55歳)

極度の冷え性&寒がりで痩せ型。1日10時間はデスクワークで座りっぱなし。50代にさしかかる頃から年中厚着で防寒し、手首、足首、首を他人に見せたことがない。お腹を壊すのでアイスクリームはもう何年も食べていない。

暖房のきいたオフィスでも、ひざ掛け、厚手の靴下、温かいお茶はマストアイテム。寒さに震えながら仕事をする日々。

 

夕方にはシワシワ度が増して、まるでおばあちゃん! ほうれい線も深くなった気が……。足先が冷たくて感覚がなくなってくる午後5時。

帰る頃には縮んだミイラのよう!? 「ちょっと、生きてる?」と聞かれるくらいに生気を失っている。

 

冷え性と寒がりはもう、治らないかな……と半ばあきらめてもいる私。でも顔がグレーで乾燥小じわが多く、年齢以上に老けて見えるのはなんとかしたい!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

最近「つまずきやすい」「下りの階段でヒヤリとした」「バスや電車でよろけた」「疲れやすい」など、足腰の弱さを実感することがありませんか? その原因は、「筋肉量の低下」かもしれません。50代から、筋肉の量が加速度的に減ってしまうのです。

出典:谷本芳美,渡辺美鈴,河野令,広田千賀,高崎恭輔,河野公一. 日本人筋肉量の加齢による特徴 日本老年医学2010:(47)52-57. (出典を参考にしてわかりやすくしています)

 

では、なぜ筋肉量が減ってくるのでしょうか。それは「筋肉をつくり出す力」が衰えてくることも一因です。

必須アミノ酸6.7g 摂取後の筋タンパク質同化量を測定 出典/Katsanos CS,Kobayashi H,et al.2005 Am J Clin Nutr

 

筋肉をつくるのに必要なのは、「運動」と「栄養」と「筋肉をつくり出す力」。筋力低下を感じたら、これらの3つが足りていないかもしれません。その3つのうちの「栄養」と「筋肉をつくり出す力」をサポートしてくれるのが、「長白仙参(ちょうはくせんじん)」です。

長白仙参(ちょうはくせんじん)は、漢方の製薬会社・再春館製薬所が“筋肉をつくるアプローチ”のために研究、開発した独自成分「長白参(ちょうはくじん)エキス」を配合したゼリー。

希少な高麗人参。その中でも貴重な「長白参(ちょうはくじん)」のひげ根から抽出したエキスのみを配合。有用成分の「ジンセノサイド」が多く含まれ、筋肉のもとになるたんぱく質をつくらせる信号を指令する役割が。人が本来もっている「筋肉をつくり出す力」に働きかけて、加齢によって低下した筋力を力強く後押ししてくれます。

そして、長白仙参(ちょうはくせんじん)は「筋肉の材料」になる、体内で作ることができない9種の必須アミノ酸をバランスよく配合。中でも筋肉のもとになるロイシンは40%も含まれています。最小単位のアミノ酸のため、消化する力が落ちた50代からの体にも吸収されやすくなっています。

さらに1本あたり12.5kcalなので、カロリーを気にせずに毎日摂取できます。リンゴとパイナップル果汁入りクラッシュゼリーで、水なしで食べられ、スティックタイプで持ち運びやすいのもポイント。

長白仙参(ちょうはくせんじん)を味方にして、50代からの筋活を始めましょう!

商品の詳しい情報はこちら
http://www.saishunkan.co.jp/chohakusenjin/lp/mitame001.html



この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top