OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

http://ourage.jp/column/karada_genki/121096/

パリピ編集者ルリルリ(52歳)「ファスナー上げられない事件簿」

50代の “あるある”

「ちょっとつまずく」「疲れがとれない」「冷えがつらい」

それ、実は「筋肉痩せ」が原因です!


某出版社で働く50代編集者たちの「最近なんだかおかしい事件簿」。

第1回目は痩せにくく、疲れやすくなった桜子編集長。   

第2回目は冷え性&寒がりで、老けて見えるひろりんさん。

第3回目はバブル期を謳歌したルリルリさんのケースをご紹介します。大好きなパーティでイタ~い事件が起こりました。

 


ルリルリ(52歳)
バブル世代ど真ん中で、今はパーティ大好き“パリピ(パーティピープル)”編集者。夫は海外赴任中。若い頃からのミニスカ&ハイヒールのスタイルは変えられない!

 

今まで格好よく履きこなしていたハイヒール、最近、たまに足がぐらつくことが!?

パーティ会場で颯爽と歩いていたつもりなのに、人にぶつかり転倒! なんと、右腕を骨折!

 

夫は海外赴任中。朝、片手でファスナーが上げられない! 大事な取材に遅刻という事態に!

 

私がハイヒールで転倒するなんてありえない! 30年も履き続けているのに。ハイヒールが履けなくなるなんて、絶対に耐えられないわ。

再春館製薬所 長白仙参担当研究員(薬剤師)
中居寛(なかい・ゆたか)さん

長白仙参の開発・研究や、お客様の体の悩みを緩和する養生品の開発に携わる。祖父母と一緒に住んでいた経験から、世代を問わずさまざまな方と話すことが楽しく刺激につながっている。お客様の声に耳を傾け、多くの方に喜んでいただける製品やサービスのあり方を追求。

 

中居

ルリルリさん、こんにちは。50代になって、今までと何ら変わらないつもりなのに、ハイヒールが苦になってきたとか、履けなくなったという方、結構多いんですよ。原因は、筋肉量の低下が考えられます。ハイヒールを履き続けたい、とふくらはぎや太ももの筋肉を鍛える方も多くいらっしゃいます。

もちろん、ふくらはぎや太ももを鍛えることも大切なのですが、実は足の裏がポイントなのです。とくに足の指と足裏の筋肉が弱くなってしまって、土踏まずのアーチが保てなくなると、ハイヒールを履いた時にうまく体重が支えられなくなってしまうことがあるのです。また、足だけでなく腰回りの筋力が弱ることで、下半身が不安定になり、全身のバランスが取れなくなってしまいます。

 

ルリルリ

中居さん、そうだったんですね。実は最近、うっかり階段でつまずきそうになったことがあって、私としたことが……と思ってたんです。

 

中居
足を持ちあげる筋肉は腹筋や腸腰筋で、ここが弱ってしまうと自分が思っているよりも足が上がっていなくて、それでつまずくというケースがよくあります。筋肉は下半身から落ちやすいと言われているんですよ。でも大丈夫です。筋肉は年齢に関係なく増やすことができます。

 

ルリルリ
よかった~。少なくともあと20年はハイヒールを履きたいので、筋肉増やしたいです! どうすればいいですか?

 

中居
筋肉を増やすには、「筋肉の材料」と「運動」の2つが必要です。筋肉の材料とはアミノ酸。なかでも9種類の必須アミノ酸が「筋肉の材料」になります。これらは体内で生成することができないため、食事から摂取するしか方法がありません。筋肉は50代から加速度的に低下していくので、今のうちに増やしておくことが重要なんですよ。

 

ルリルリ
「筋肉の材料」と「運動」ですね、すぐに取り入れます。

 

中居
運動は、特別に何かを始めなくても構いません。筋肉の材料を摂っておくと、日常生活の中で、たとえば意識して階段を使うとか、掃除をする際に、体を大きく動かして行うとか。少し運動量を増やすだけでも筋肉に負荷がかかり、筋力アップが期待できますから頑張ってくださいね。ハイヒールをはき続けるためには、つま先立ちや、かかと立ち、また足を伸ばして座り、足指でグー・チョキ・パーを作る「足指ジャンケン」などがいいかもしれません。

 

ルリルリ
わかりました。夜中に一人で足指ジャンケンすることから始めてみます……。

 

この前、パーティ会場で転んだのもついうっかりだと思っていましたが、なんと筋肉が減っていたからなんですね! 足の指と足裏の筋肉量なんて、意識したことありませんでした。足も上がりにくくなっているということは、腹筋や腰回りの筋肉が減っているんですね。でも、今からでも筋肉を増やせるというのは朗報! 加齢であきらめなければならないこともあるけど、筋肉はこの先もずっと増やせるなんて。筋肉の材料、摂らなくては!

 

イラスト/カツヤマケイコ 取材・文/島田ゆかり

最近「つまずきやすい」「下りの階段でヒヤリとした」「バスや電車でよろけた」「疲れやすい」など、足腰の弱さを実感することがありませんか? その原因は、「筋肉量の低下」かもしれません。50代から、筋肉の量が加速度的に減ってしまうのです。

出典:谷本芳美,渡辺美鈴,河野令,広田千賀,高崎恭輔,河野公一. 日本人筋肉量の加齢による特徴 日本老年医学2010:(47)52-57. (出典を参考にしてわかりやすくしています)

 

では、なぜ筋肉量が減ってくるのでしょうか。それは「筋肉をつくり出す力」が衰えてくることも一因です。

必須アミノ酸6.7g 摂取後の筋タンパク質同化量を測定 出典/Katsanos CS,Kobayashi H,et al.2005 Am J Clin Nutr

 

筋肉をつくるのに必要なのは、「運動」と「栄養」と「筋肉をつくり出す力」。筋力低下を感じたら、これらの3つが足りていないかもしれません。その3つのうちの「栄養」と「筋肉をつくり出す力」をサポートしてくれるのが、「長白仙参(ちょうはくせんじん)」です。

長白仙参(ちょうはくせんじん)は、漢方の製薬会社・再春館製薬所が“筋肉をつくるアプローチ”のために研究、開発した独自成分「長白参(ちょうはくじん)エキス」を配合したゼリー。

希少な高麗人参。その中でも貴重な「長白参(ちょうはくじん)」のひげ根から抽出したエキスのみを配合。有用成分の「ジンセノサイド」が多く含まれ、筋肉のもとになるたんぱく質をつくらせる信号を指令する役割が。人が本来もっている「筋肉をつくり出す力」に働きかけて、加齢によって低下した筋力を力強く後押ししてくれます。

そして、長白仙参(ちょうはくせんじん)は「筋肉の材料」になる、体内で作ることができない9種の必須アミノ酸をバランスよく配合。中でも筋肉のもとになるロイシンは40%も含まれています。最小単位のアミノ酸のため、消化する力が落ちた50代からの体にも吸収されやすくなっています。

さらに1本あたり12.5kcalなので、カロリーを気にせずに毎日摂取できます。リンゴとパイナップル果汁入りクラッシュゼリーで、水なしで食べられ、スティックタイプで持ち運びやすいのもポイント。

長白仙参(ちょうはくせんじん)を味方にして、50代からの筋活を始めましょう!

商品の詳しい情報はこちら
http://www.saishunkan.co.jp/chohakusenjin/lp/mitame001.html


<前の記事

<前の記事
第2回/冷え冷え編集者ひろりん(55歳)「生存確認事件簿」…

次の記事>

次の記事>
第4回/50代もヘルシーで美しく! その秘訣は筋肉にあり…

この連載の最新記事

朗報! 何歳になっても筋肉は作られます。「アミノ酸」と「ちょっとの運動」を味方に!

第5回/朗報! 何歳になっても筋肉は作られます。「アミノ酸」と「ちょっとの運動」を味方に!

50代もヘルシーで美しく! その秘訣は筋肉にあり

第4回/50代もヘルシーで美しく! その秘訣は筋肉にあり

パリピ編集者ルリルリ(52歳)「ファスナー上げられない事件簿」

第3回/パリピ編集者ルリルリ(52歳)「ファスナー上げられない事件簿」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル