全米一予約が取れないレストランのシェフ、アリス・ウォータースさんが起こす 次なる革命とは?

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。全米で最も予約が取れないレストランと言われる、カリフォルニアのバークレーにあるレストラン「シェ・パニーズ Chez Panisse」。シェフは、アメリカにおけるオーガニックやスローフードの先駆者であるアリス・ウォータースさん。60年代にカリフォルニア大学(UC)バークレー校で学んだフランス文化が、シェフになるきっかけだったというアリスさんは、気骨あるOurAge世代の先輩でした。

撮影/倉本哲

 

カリフォルニア州バークレーは、名門カルフォルニア大学があって進歩的な土地柄で知られるところ。食生活への意識も高く、肥満など健康に影響を与える飲食品に課税する税金fat taxの一環として、炭酸飲料に課税する「ソーダ税」を2015年1月1日に、アメリカのどこより早く導入しています。

 

そんなバークレーで、地元のオーガニック食材を使ったカリフォルニア・キュイジーヌのレストラン「シェ・パニーズ」を1971年にオープンしたアリス・ウォータースさん。ディナーは、週替わりのコース料理1種類のみ(その日に新鮮で最適な食材で料理を作るから)という姿勢で臨み、料理界のアカデミー賞と言われるジェームズ・ビアード賞を女性として初めて受賞している超有名シェフです。1階のレストランは、最も予約が取りにくいと言われるほどの人気店。

 

私たちが2階のカフェでいただいたランチの食材は、サステイナブルな(持続可能な)方針にもとづいて収穫されたもので、食器もカリフォルニアのものとメニューに書かれていました。

 

新鮮なローカルのキングサーモンにしゃきっとした味の濃い野菜の付け合わせで、素材のよさを味わえました。

 

 

アメリカにおけるオーガニックやスローフードといった食の世界の革命をリードしてきたアリスさんが、今、未来をになう子供たちのために注力しているのが「エディブル・スクールヤード・プロジェクト The Edible Schoolyard Project」。

 

“学校菜園プロジェクト”って?

幸運にも、アリスさんが1995年に創設した学校菜園を見学し、プロジェクトへの思いを直接聞く機会に恵まれました。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第63回
全米一予約が取れないレストランのシェフ、アリス・ウォータースさんが起こす 次なる革命とは?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top