べトナム料理と焼酎にワイン、東京で味わう絶品のマリアージュ

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。美食の国フランスの植民地だった歴史を持ち、中華料理の影響も色濃く、独特なエキゾチックさのあるベトナム料理。私もファンの一人です。元「銀座レカン」のシェフ・ソムリエの大越基裕さんと奥様でソムリエでもある新城桃子さんが、モダン・ベトナミーズとぴったりのいろんなお酒が楽しめるお店「アン ディ」をオープンされたと聞けば、これは行かずにはおられません。さて、どんなメニューとマリアージュを楽しませていただけるのでしょうか。

 

 

 

店名の「アン ディĂn Đi」は,べトナム語で「召し上がれ」という意味。訪れた日、運よく店に出ていた大越さんに、食事の前の一杯を伺うと「ぜひ、当店特製のレモンサワーを」とのこと。目の前で自ら氷を割って作ってもらった贅沢な一杯ですが、とても香りと喉越しがよくて、確かにひと味違います。

 

 

「秘密はオーガニックレモンをブラウンシュガー、ハチミツに漬けて作ったシロップ。それにオーガニックのLemon & Lemonというレモンジュースと、雑味はないが味わいがのっている宮崎の米焼酎「山翡翠(やませみ)」で割っています」と大越さん。

大越さんと言えば、タキシードでワインテイスティングをされているイメージが浮かびますが、実はワインだけではなく日本酒や焼酎にも造詣が深く、蔵元にもかなり足を運んでいるそう。

 

フランスの影響もあるベトナム料理はおいしいと聞いて、函館のワイナリー「農楽蔵(のらくら)」さんと一緒にベトナムを訪れてみた大越さん。「実際にワインを現地に持っていったら、これがおいしかったんですよ。スパイスとの風味の相性や旨味の豊富なマイルドな味わいが、一部のスタイルのワインとよく合いました」と“ベトナム料理にビール”というだけではないお店を開こうと思った理由を語ってくれました。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第64回
べトナム料理と焼酎にワイン、東京で味わう絶品のマリアージュ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top