HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/124724/

モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

板倉由未子

板倉由未子

トラベル&スパジャーナリスト
出版社の編集者を経て現職に。世界を巡り、女性誌、会員誌、ウェブを中心に、土地に息づく文化、癒し、美、食をテーマに旅企画を手掛ける。世界各地のスパや療法、健康&美容法をテーマにしたセミナーなども開催。「スパは土地の文化を凝縮した空間。肌で土地を味わえば、旅はいっそう豊かに」。またイタリア愛好家で、各州の人々と食を取材した『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。

天空から海を望むツリーハウスで、
至福のおこもりウェルネス体験を!

モルディブ最新マインドフルネス滞在(後編)

 

 

ボディイズムの創始者ジェームズ・ドゥイガン氏が提唱するウェルネス哲学を結集させたプログラム「ウェルネス・ツリーハウス by ボディイズム」。

2日間でどんなことを体験したのかお伝えします。

 

 

喜びを見いだせる
プログラムで健康に!

 

ジェームズ・ドゥイガン氏と妻クリスティーン氏が考案したウェルネス哲学を実践するプログラム「ウェルネス・ツリーハウス byボディイズム」。帰ってからも継続できるような、体が喜ぶヘルシーライフスタイルを体感できるので、よりよく生きるための大きなきっかけとなるはずです。

 

プログラムは、「アミフラシ」到着日の翌日から。人気モデル、ララ・ストーンをはじめセレブリティからも信頼されているジェームズ・ドゥイガン氏は、“クリーン&リーン(体によく、シンプルで無駄がない)”を理念に、食生活に気を配り、定期的に運動し、長期的な視点で健康を心がけ、体の内側からきれいになるためのプログラムを考案。2015年11月から、ここモルディブの「アミラフシ」で開始しました。

 

1日目

10時にトレーナーのカマル氏がツリーハウスを訪れ、テラスでTRXのプライベートレッスン(50分)。重力と自重を活用して、効果的にインナーマッスルを鍛えることができます。

板倉モルディブウェルネス

負荷の具合を調節できるTRX。

 

 

続いて、セラピストのラウラ氏とのコンサルテーションで、上半身の緊張を緩和しリラックスすることを、2日間の目的とすることに。この日は肩甲骨や首のコリをほぐすバック・ピュア・マッサージ (50分)を受け、頭部がすっきり。

板倉モルディブウェルネス

熟練したセラピスト、ラウラ氏とのコンサルテーション。一人一人に最適なトリートメントをアレンジしてくれます。

 

板倉モルディブウェルネス

免疫力をアップ! 筋膜リリース術を取り入れたバック・ピュア・マッサージ。

 

 

次ページに続きます。

ランチは、スパに併設された「クリーン・アンド・リーン・カフェ」で。白砂糖&グルテンフリーで、地元のオーガニック素材を使った旬の料理を満喫しました。午後はビーチでのんびり。夕食はルームサービスで、クリーン・アンド・リーンのデトックスメニューを注文し、23時に就寝。

板倉モルディブウェルネス

ヘルシーなクリーン・アンド・リーンのメニュー例。

上から時計回りに、にんじん、ビート、ミントの生春巻き、生グリーンピースとミントのスープ、レモンとガーリック風味のタスマニアンサーモンのグリル ほうれん草のソテー添え、ハリッサ(唐辛子ベースの地中海生まれの万能調味料)でマリネした地鶏のグリル グレープフルーツサラダ添え。

 

 

 

2日目

10時にインストラクターのケザン氏が訪れ、ヨガのプライベートレッスン(50分)。心身を落ち着かせる呼吸法も教わり清々しい気分に。

板倉モルディブウェルネス

ブータン出身のヨガインストラクター、ケザン氏。集中力を高め心に平穏をもたらすメディテーションも体験できます。

 

 

その後、ドイツの美容整形医Dr. シュルツが開発したコスメを使ったフェイシャル(50分)を体験。肌に弾力が復活しました。昨日と同じスパ併設のカフェでランチを楽しみ、午後はツリーハウスのプールでリラックス。前日同様、ディナーはルームサービスで注文し、22 時には眠りの途へ。

板倉モルディブウェルネス

Dr.シュルツが開発したコスメ「iQMS」のフェイシャル。コラーゲンたっぷりで、内側からみずみずしい肌に。

 

 

わずか2日間でしたが、胃腸の調子がよくなり疲労回復! フィットネスクラスはマンツーマンだったので、自分に必要な動きを効果的にマスターできました。今回の滞在で学んだのは、心と体が心地よいかをつねに自分に問いかけること。今後もこの感覚を大切にすれば、ストレスフリーな生活をキープできそうです。

 

板倉モルディブウェルネス

どこまでも透明な青い海と空を望む真っ白なビーチ。プログラムの余暇にゆっくり過ごして。まわりにはブティックやライブラリーもあります。

 

 

板倉モルディブウェルネス

プログラム終了後は、日本人シェフが監修するシグネチャーレストラン「フィーリング・コイ」で、モダンジャパニーズのディナーを。モルディブ産の魚介類を中心に堪能できます。

 

 

 

アミラフシ Amilla Fushi

 

ウェルネス・ツリーハウス by ボディイズム 1泊1名US$1,600~

ツリーハウスでの宿泊、3食のウェルネス・メニュー、コンサルテーション、エクササイズ、50分のスパトリートメント、ウェルネス・スナック

 

Baa Atoll, Republic of Maldives
TEL +960 660 6444
http://www.amilla.mv/jp

マレ国際空港から水上飛行機で30分

または、国内線20分+スピードボート10分

日本での問い合わせ先/トラベルファクトリージャパン ☎03-5784-2522

 

モルディブへのアクセス/キャセイパシフィック航空を利用するのがスムーズ。東京から香港まで約4時間。香港からモルディブのマレ空港まで約6時間半です。

 

 

撮影/秋田大輔

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(前編)…

次の記事>

次の記事>
第3回/モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント…

この連載の最新記事

海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

第4回/海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

第3回/モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

第2回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル