HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/124734/

モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

板倉由未子

板倉由未子

トラベル&スパジャーナリスト
出版社の編集者を経て現職に。世界を巡り、女性誌、会員誌、ウェブを中心に、土地に息づく文化、癒し、美、食をテーマに旅企画を手掛ける。世界各地のスパや療法、健康&美容法をテーマにしたセミナーなども開催。「スパは土地の文化を凝縮した空間。肌で土地を味わえば、旅はいっそう豊かに」。またイタリア愛好家で、各州の人々と食を取材した『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。

MALDIVES

+αで滞在したい、名スパリゾート

 

世界中の人々の憧れの楽園モルディブは、ウェルネス・リトリートの理想郷です。
その中で注目のプログラムを、トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんがリポート。最初にご紹介した「アミラフシ」でのウェルネス・リトリートの前後に訪れる価値のある、リゾートスパを2回でお伝えします。
それぞれ違った独自のアプローチで、心と体を深く癒してくれます。

 

 

レトロな雰囲気の空間で
筋トレも兼ねたトリートメントを

 

Finolhu
フィノール

 

 

2016年6月、「アミラフシ」の姉妹リゾートとして、同じバア環礁にオープンした「フィノール」。レトロクラシックで優雅、60年代や70年代のような時間が流れるリゾートです。

 

「アミラフシ」からスピードボートに乗って日帰りで訪れ、スパや1.8㎞に及ぶ白い砂洲を楽しむのが理想的です。

 

「フィノール」を象徴する1.8㎞に及ぶ白い砂洲。

 

 

ウェルネス施設「ザ・コーヴクラブ」で体験すべきはピュア・マッサージ。ロンドンを拠点とするマッサージのエキスパート、ベアタ・アレクサンドヴィッチ氏が開発した12原則に基づくマッサージトレーニングが盛り込まれたトリートメントです。ワークアウトが苦手な人やストレッチが大好きな人にぴったり。マッサージ着のまま、セラピストのサポートによって全身の筋肉を鍛え、リフレッシュできます。自分一人ではできないポーズにもトライ可能。このメニューなら、トリートメント中に流す音楽も、ここならではのロックンロールやジャズをリクエストするのも楽しいはず。

 

タイマッサージなどの要素も取り入れられたピュア・マッサージ。

 

レトロな歌姫のポートレートが飾られたトリートメントブースが10室あります。

 

スパでオイルトリートメントを体験するならボディ・マッサージがおすすめ。英国発のブランド「ピュア・マッサージ」は100%ココナッツオイルを使用。

 

 

次ページでは、宿泊情報をご紹介。

 

ファブリックの色使いや中東風シャンデリアが美しい「オーシャン・プール・ヴィラ」。広々としたバルコニーから、海へアクセスできます。

 

 

滞在中1度は「フィッシュ&クラブ・シャック」で新鮮なシーフードやヘルシーメニューを。

 

 

 

フィノール Finolhu

1泊US$750~ ピュア・マッサージ70分US$170
ボディ・マッサージ60分US$150
アクセス/「アミラフシ」からスピードボートで30分(無料)
日本での問い合わせ先/トラベルファクトリージャパン ☎03-5784-2522

Kanufushi Island Baa Atoll, Republic of Maldives
TEL +960 660 8800
http://www.finolhu.com

 

 

 

 

撮影/秋田大輔

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)…

次の記事>

次の記事>
第4回/海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ…

この連載の最新記事

海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

第4回/海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

第3回/モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

第2回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル