HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/124738/

海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

板倉由未子

板倉由未子

トラベル&スパジャーナリスト
出版社の編集者を経て現職に。世界を巡り、女性誌、会員誌、ウェブを中心に、土地に息づく文化、癒し、美、食をテーマに旅企画を手掛ける。世界各地のスパや療法、健康&美容法をテーマにしたセミナーなども開催。「スパは土地の文化を凝縮した空間。肌で土地を味わえば、旅はいっそう豊かに」。またイタリア愛好家で、各州の人々と食を取材した『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。

MALDIVES

+αで滞在したい、名スパリゾート

 

世界中の人々の憧れの楽園モルディブは、ウェルネス・リトリートの理想郷です。
その中で注目のプログラムを、トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんがリポート。最初にご紹介した「アミラフシ」でのウェルネス・リトリートの前後に訪れる価値のある、リゾートスパを2回でお伝えしています。
それぞれ違った独自のアプローチで、心と体を深く癒してくれます。

 

 

海の癒しを全身で感じながら
極上のマッサージで再生

 

Huvafen Fushi
フヴァフェンフシ

 

モルディブの言葉で「夢の島」を意味する「フヴァフェンフシ」。北マレ環礁にあり、全44室のスモールラグジュアリーなリゾートらしいきめ細かなサービスで、オープン以来13年、多くのトラベラーから愛され続けています。

 

浮遊することでリラックス効果が得られる塩水プール。

 

 

リゾートの「ライム・スパ」ならではの体験は、自由に泳ぐ魚を眺めながら、トリートメントが受けられること。おすすめのメニュー、ライム・イントゥイティブでは、熟練したセラピストが、ゲストの要望に合わせた圧やタッチで全身のコリを解消してくれます。使用するオイルは3種類から選べますが、モルディブ産の100%ココナッツオイルがおすすめ。強い日差しで日焼けした肌も鎮静してくれます。よりエクスクルーシブな体験を望むなら、世界で初めて作られた水中スパでのトリートメントを(要予約 +US$100/1名)。記憶に残る体験となるはずです。

 

水中スパでは、透明なモルディブの海でのびのびと生息する魚に見守られながらトリートメントを。

 

ライム・イントゥイティブで選べる3種類のオイル。

 

ベッドに横たわり水面を眺められる水上トリートメントルームが5室。リラクセーションエリアもあり。

 

マレ国際空港から高速船でアクセスできるので、到着日や帰国前日に滞在するといいでしょう。

 

 

次のページでは、宿泊情報について紹介します。

最もラグジュアリーな水上ヴィラ「2ベッド・オーシャン・プール・ヴィラ」のマスター・ベッドルームとリビング。

 

水上レストラン「ロー」のヘルシーメニューから、味噌やしそが香るハマチのカルパッチョ ザクロとアボカドソース。

 

美しいインフィニティプール。

 

 

フヴァフェンフシ Huvafen Fushi

1泊US$1,110~ ライム・イントゥイティブ 60分US$200
アクセス/マレ国際空港から高速船で15分(1名US$300)
空港経由「アミラフシ」からホテルまでは1名US$580
日本での問い合わせ先/トラベルファクトリージャパン ☎03-5784-2522

North Male Atoll, Republic of Maldives
TEL +960 664 4222
http://www.huvafenfushimaldives.org/

 

 

撮影/秋田大輔

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント…

この連載の最新記事

海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

第4回/海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

第3回/モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

第2回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル