OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/125083/

OurAge世代の「骨盤まわり」は崖っぷち!?

街を歩けば目につく「骨盤」の文字。メディアでも多く発せられるようになった「骨盤底筋」のこと。更年期を迎えてから、いろいろ気にかかるようになった「腟」。MyAge/OurAge世代にとって、骨盤まわりケアは、今後の健康のためにもとても重要です。最新の美と健康情報を取材しました。

骨盤まわり 骨盤イラスト

 

痛みが消える! 体型が変わる! 元気が出る!

キレイと健康の源は「骨盤・骨盤底筋・腟」にあり!

骨盤まわり 骨盤ビフォーアフター

最近、こんな症状ありませんか?

 

尿もれ 頻尿 たれ尻 便秘 不眠 むくみ 肌あれ お腹ポッコリ イライラ 疲労感 膝痛 腰痛 冷え 股関節痛 猫背

「骨盤まわり」が整うと…

 

尿トラブル解消 小顔・美肌で若見え! メリハリボディでスタイルアップ! 快眠&ストレスフリー 血行や新陳代謝アップ 痛みからの解放

 

 

 

骨盤まわりを意識して整えると体が変わる!?

次ページに続きます。

意識して整えれば老けない、太らない、疲れない!

細胞も筋肉も骨も弾力があり、元に戻るパワーを秘めていた若い体。でも、長年にわたり、ちょっとした負荷や日常動作の癖が蓄積された私たちの体は意外な不調やトラブルに発展することも…。その鍵を握るのが「骨盤」と「骨盤底筋」なのです!

骨盤まわり kyo先生1

「骨盤」と「骨盤底筋」に
隠された秘密とは?

顔色が急にくすんできた、腰が痛いけれど原因がわからない、下腹だけポッコリ出てきた、最近くしゃみをするとチビってしまうことがある…。そんなさまざまな不満を「年だから仕方ない」とあきらめていませんか?

 

もし、その原因が筋肉のコリや組織の癒着、それがもたらす骨格の歪みだったとしたら…? それを引き起こしているのが日常の習慣や、ちょっとした動作の癖が積み重なった結果だとしたら…? メンテナンスすべきは体の真ん中にある骨盤や骨盤底筋。いわゆる「骨盤まわり」です。

骨盤まわり kyo先生2~4

骨盤まわりは、骨も筋肉も関節も体の中で最も複雑。しかも深い場所にあるため、解剖学の研究も臨床研究も遅れていた部位です。例えば骨盤の小さな関節に原因のある「仙腸関節障害」も、整形外科ではまだ診断がつかないことがほとんど。骨盤底筋にいたっては、医大でもあまり勉強することはなく、性差による女性の骨盤底筋のデリケートさも、日本ではあまりフィーチャーされてきませんでした。

 

だから病院で診てもらってもわからない、レントゲンにも写らない、と問題が長年蓄積され、気づいたときには大きなトラブルに発展していたということも起こります。それが尿もれであったり股関節の病気だったりすれば、ようやく病院で診てもらえるのです。

 

そんな腑に落ちない状況にあって、次から次へと登場するのが骨盤まわりの健康グッズやメンテナンスアイテム。ここ20〜30年あまりの間、通販などでは、常に人気商品ベストテンに入っているといわれます。それだけ骨盤まわりには「体をよくする何か」「美をつくる何か」があるということ。

 

特にMyAge/OurAge世代はメンテナンスが物を言います。医療だけに頼って「何も問題が解決しない」と嘆くより、長年蓄積された悪い癖をリセットして、新たに整えることから始めましょう。

骨盤まわり kyo先生5

写真は、いち早く「骨盤」と「骨盤底筋」の重要性に気づき、20年前から「ペルヴィスワーク」を開発してきたボディワークプロデューサーのkyo先生。このしなやかなボディは、しなやかな骨盤まわりがあってこそ!

 

 

 

 

次回、「骨盤セルフ調整」についてご紹介します。お楽しみに。

 

 

 

 

撮影/藤沢由加 ヘア&メイク/渡辺真由美 イラスト/内藤しなこ

構成・原文/蓮見則子

 

次の記事>

次の記事>
第2回/骨盤セルフ調整「ペルヴィスワーク」が人気です!/前編…

この連載の最新記事

膣まわりのお手入れ、始めませんか?⑤最新NEWS

第22回/膣まわりのお手入れ、始めませんか?⑤最新NEWS

膣まわりのお手入れ、始めませんか?④マッサージや外出時のケア

第21回/膣まわりのお手入れ、始めませんか?④マッサージや外出時のケア

膣まわりのお手入れ、始めませんか?③入浴後は膣まわりも保湿

第20回/膣まわりのお手入れ、始めませんか?③入浴後は膣まわりも保湿

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル