「骨盤が歪む」ってどういうこと?③歪みの改善方法

プロフィール写真

蒲田和芳さん

広島国際大学総合リハビリテーション学部教授、理学療法士。腰痛・骨盤痛、関節疾患の治療と予防の研究ほか、実際に歪み矯正補装具・インソール・ハイヒールなどを開発・販売。
https://www.glabshop.com

今回は骨盤の歪みの改善方法についてご紹介します。何気ない生活習慣などが原因といわれる骨盤まわりの組織の癒着を元に戻せば、歪みは改善されるそう。ところがなかなか難しいことなのだとか。ではいったいどのような対策があるのでしょうか?

 

 

歪みの改善には運動と
専門家によるアドバイスを

蒲田先生によれば、癒着を元に戻すことはとても難しいことなのだそう。

 

「例えば筋肉同士が癒着して滑らなくなった状態を元に戻すには特殊な技術が必要です。テニスボールなどで筋肉を圧迫する程度で戻るようなものではありません。整形外科では筋膜リリース注射や、手術中にレーザーで焼いてリリースすることもあるほど。自己流でリリースしようとするのは、組織を傷つける弊害のほうが大きいので注意が必要。骨盤の歪みがある人は、まずはそれに適した運動で改善することを目指してくださいね」

 

蒲田先生は、歪みの解決策として「組織間リリース」という技術の開発、この技術を持つ「リアライン・セラピスト」の養成を行っています。詳しくは「一般社団法人 日本健康予防医学会」ホームページで。

骨盤まわり 運動

[右]骨盤上部が開いている人にはスクワットも効果的。

[中央]前方へ閉じている人に重要なのはそ径部のストレッチ。

[左]前傾している人は大殿筋の筋トレを

 

 

 

 

次回からは骨盤まわりのエキスパートによる対談をご紹介します。お楽しみに。

 

 

 

 

撮影/藤沢由加 ヘア&メイク/渡辺真由美 イラスト/内藤しなこ

構成・原文/蓮見則子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第8回
「骨盤が歪む」ってどういうこと?③歪みの改善方法


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top