羽田美智子さんが教わる注目のエクササイズ「フェルデンクライス」②なりたい自分になるための3つのキーワード

プロフィール写真

羽田美智子さん

1968年生まれ。女優として映画、ドラマ、テレビ、CM、ラジオなどで幅広く活躍。テレビ朝日「特捜9」(4月スタート毎週水曜夜9時放送)出演予定。Amazonプライムビデオ「チェイス 第1章」出演中。
羽田美智子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hada-michiko/
instagram : michikohada

羽田美智子

“自分磨き”のための大人の手習い Vol.7

 

 

注目のエクササイズ「フェルデンクライス」で
心と体をもっと解放しよう!

 

私たちは知らず知らずのうちに、体の動かし方や生活習慣、考え方などに"クセ"がついています。長年しみついたクセや習慣にとらわれず、もっと自由になれたら…!

"脳の学習する力"を利用して、体を動かしながら楽に動く方法を脳に気づかせる「フェルデンクライス」をかさみ康子さんに教えていただきました。

 

 

 

かさみ康子さん 

Yasuko Kasami

フェルデンクライス・プラクティショナー。アシスタントトレーナー。モダンダンス、バレエを学び、先鋭的な舞踊家として実験的な舞踊作品を多数発表。’95年フェルデンクライスメソッドのNYでのプロフェッショナル・トレーニングに参加。’96年よりレッスン指導を開始。2003年11月にフェルデンクライス・ジャパンを設立し代表に。
http://www.feldenkrais.jp/

 

 

 

「フェルデンクライス」で
なりたい自分になるための3つのキーワード

 

さまざまな動きを試すことで、"その人にとっていちばん楽な動き方"を脳に気づかせることができます。

 

それはどんな効果をもたらすのでしょう?

 

 

考え方のパターンにも
選択肢を増やすと楽になる

 

かさみ レッスンを通じて自分に注意を払い続けると、自分を客観視できるようになるのですが、いかがですか?

 

羽田 私はすぐに頑張って"何かやろうとしちゃう人"。腕を上げてと言われたら耳の後ろまで思いっきり上げちゃうというのかな(笑)。いつも力みがちだし、みんなが楽になるなら自分が頑張ればいい、と考えていることに気づかされました。

 

かさみ それは羽田さん自身が一生懸命な自分が好きで、そうありたいと思っているから。でも100%の力をつねに出そうとしている、そのプレッシャーをまわりの人は敏感に感じているのではないでしょうか?

 

羽田 マネージャーからも「少し力を抜いてテレビに出てくださいね」と言われます(苦笑)。でも声をかけていただいたのだから、頼まれた以上の仕事をしなくてはと思ってやってきたので、その折り合いが難しくて。

 

かさみ 考え方のパターンにも選択肢を増やしましょう。極端に言えば"手抜き"ができるようになればいいんですよ。自分が頑張らなくてはと考えがちなところをいったん客観視して、「なぜ手抜きができないのか、手抜きをしても誰も困らないのだからやってみよう、そのためには自分の何を変えればいいのか?」と考え、普段とは違う行動をして成功したときの自分をイメージしてみて。そうすると、物事は別のよい方向に向かうものなんですよ。

 

羽田 そうなんですね。体の動き方にも、自分の考え方にも選択肢が増やせるよう、意識して過ごしてみます。

 

 

 

→次ページでは、3つのキーワードについて詳しくご紹介!

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第21回
羽田美智子さんが教わる注目のエクササイズ「フェルデンクライス」②なりたい自分になるための3つのキーワード

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top