「がん」と「検診」をもっと知って、より納得できる選択を!


昨今では、がん検診により「早期発見、早期治療」ばかりが推奨されている現状があります。しかしながら、それが本当に有意義であるか? という点に疑問を抱いている医療ジャーナリスト、鳥集 徹さんにお話を伺いました。

 

 

鳥集 徹(とりだまり・とおる)さん

1966年生まれ。出版社勤務 などを経て、2004年より医療問題を中心にジャーナリ ストとして活動。2015年に 著書『新薬の罠 子宮頸が ん、認知症…10兆円の闇』 (文藝春秋)で第4回日本医 学ジャーナリスト協会大賞 を受賞

 

 

がん検診を受けたからといって
寿命が延びるデータはない

がんは「早期発見、早期治療が肝心」という思い込みに疑問を投げかけるのが、医療に詳しいジャーナリストの鳥集徹さんです。
「数多くのがん専門医やEBM(科学的根拠に基づく医療)の専門家に話を聞くうちに、私はがん検診をむやみに推奨するのは間違っていると考えるようになりました」
がんは早期に発見できれば死を免れ、寿命が延びると考えがちです。
「確かに、検診を受けるグループと受けないグループを何十年も追跡した臨床試験で、検診を受けたほうが対象のがんの死亡率が減ることを示せた研究は複数あります。しかし、それによって寿命が延びることを証明できた研究はひとつもないのです」

 

そうなる理由は、早期発見による効果(メリット)を検査や治療に伴う害(デメリット)が打ち消すからだと鳥集さんは説明します。

 

実際、世界的なドイツの研究所が、信頼性の高い臨床研究の結果を集め、がん検診の効果を自然数で示したデータがあります。それによると、50歳以上の女性1000人がマンモグラフィを10年間受け続けたとすると、乳がんで死亡する人が5人から4人に減るという結果でした。その差はたったの1人です。
一方で、1000人のうち約100人が「偽陽性(結果的にがんでなかったのに「疑いあり」とされること)」になり、乳房に針を刺して組織を採取する生検を受けることになります。

 

 

「さらにデメリットが大きいのが、過剰診断です

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top