ヒマなカフェのホイップクリーム作りって!?

プロフィール写真

カフェオーナー。ライター、編集者として活躍中の2008年、古民家を改装した1号店「イリヤプラスカフェ」、その後、倉庫を改装した2号店「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」をオープン。料理上手なスタッフに囲まれ、食べること、インテリア、アートなどなど、大好きなコト、モノをぜーんぶ集めて、持続的におニューで、わくわく感のあるカフェを目指して試行錯誤の日々。http://www.imadoworks.com/iriyaplus/

パンケーキの3大パートナーといえば、
バター、メイプルシロップ、そして、ホイップクリーム!
ふわふわで口にいれると、とろける! ほかにはない、
ホイップクリームのおいしさ、もー、サイコーです。

 

おいしいホイップクリームを使ったパンケーキを
メニューにしたい! 早く食べたい!
と私は夢みていました。わくわく!

 

 

アップルパンケーキとホイップクリーム

これは、ポートランドのカフェのアップルパンケーキと、自動的についてきたイチゴのコンポートとホイップクリーム! すべてがすごい量でびっくり!

 

 

しかしです、カフェでホイップクリームをメニューにする場合は、
どういう手順にすればいいのぉ?、ぼ〜、見当がつかない・・・。
作りおき? それとも、オーダーがあってから? まさかねぇ。

 

料理やスイーツをどう準備して、どんな手順で出すのかは、
飲食店にとって、とっても大事なことで、
「オペレーション」という専門用語があること知ったのは、
もっともっと後になってからでした。

 

 

パンケーキ

ある日の私のまかない。バター、メイプルシロップ、ホイップクリームで、いただきまーす!

 

 

 

目指すは、フレッシュでくるくるっとして角が立った
ホイップクリーム。もちろん、生乳100%で、甘さ控えめ。

 

分からないなりに、いろいろ試してみました。

 

1)    とりあえず、生乳100%の生クリームを買って
朝、ホイップクリームを作って、作り置きしてみる。

時間がたつと、だれてしまって、かわいく盛りつけできない。
味も落ちていく。しかも、必ずあまる。カフェ、ヒマですから。

 

2)缶入り生クリーム。細長いスプレー缶に入ったもので、
ノズルを押すとぶしゅーとホイップクリームが出てくる。

甘すぎるし、下町では手に入りにくい。添加物も入っている。

 

3)業務用の絞り袋に入った冷凍のホイップクリームも使ってみる。

やはり甘すぎるし、保存料とか添加物が入っている。
原材料が、生乳100%ではない。

 

4)業務用の、冷凍で箱に入った八分立てホイップクリームも
試してみる。

これも甘すぎるし、保存料とか添加物が入っている。
角がたったようなかわいい盛りつけはできない。

 

5)現在、主流となっているガスを添加して、ホイップクリームに
するしかないのか?!

簡単で便利そうだけど、なんとなく、ガスより空気でホイップした
方がおいしいような気がするなあ、と私が気乗りしない。

 

 

 

じゃあ、どうすればいいのか???

 

ホイップクリームを一度にたくさん使うケーキ屋さんと、
オーダー次第で少しずつ使うカフェでは、材料も
作り方もオペレーションも違うんだろうな、とは想像がつく。
でも、どう違うかとか、当時の私には、さっぱり
見当もつかないのでした。は〜・・・、先が見えない。

 

 

そんなときです、カフェの専門誌をめくっていると、
スイス製のホイップクリーム専用のマシンの広告が、
目に飛び込んできたのです。
すぐにその会社に電話をすると、試しに一週間、
無料でホイップクリーム専用マシンを貸してくれるとのこと。

 

このマシン、ホイップクリームしか作れないのですが、

さすが業務用の専門機器!。生クリームから瞬時に、

新鮮なホイップクリームを作ることができる!

とっても便利な優れもの!なんです。

これなら、ヒマにも、忙しい(←まだ未経験でしたが)にも

対応できるわ!もう、これしかない!と思いました。

 

 

高価でドキドキして、ちょっと迷いましたが、
ホイップクリームマシンを購入することに決定!

ホイップクリームマシンを使うスタッフ

これがそのホイップクリームマシン@イリヤプラスカフェ。スタッフみんなが使いこなし、そして、ホイップクリームをよく食べてます。

 

 

そして、今度は、いろんな生クームを試してみることに。
生クリームと言っても、業務用は、乳脂肪分が35%から
47%までさまざま。中には、植物性脂肪が入ったものも。

 

うん、これがおいしい!と思ったのは、
生乳100%、無添加、乳脂肪分が35%の生クリーム。
乳脂肪分が低いので、カロリーが低くて、ふわふわで軽い口溶け。
イリヤプラスカフェでは、砂糖を少しだけ加えて、
パンケーキにたっぷりそえることに。

 

ホイップクリームパンケーキ

イリヤプラスカフェのメニュー、ホイップクリームパンケーキ。チョコレートソース、よく合いますよ。

 

業務用機器は、たいていの場合、使い慣れるまで、
時間がかかったり、日々のメンテナンスも手間なのですが、
使いこなせるようになると、ほんと、楽しい!のです。

 

スタッフもホイップクリームが大好き。
ホイップクリームがおいしくて、うれしくなって、
みんなでいろんなメニューを開発!しました。
少しご紹介しますね。食べたくなっちゃいますよ!ねっ!。

バナナパフェパンケーキ

これは、バナナパフェパンケーキ。ホイップクリームの中に小さなバニラアイスが入っています。

ホイップクリーム入りアイスコーヒー

アイスウインナーコーヒーも大好き! このしっかりしていて、口溶けのいいホイップクリーム、たまりません!

生チョコバナナパフェ

生チョコバナナパフェというメニューも作りました。バナナとチョコレートとホイップクリームも黄金の相性です。

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(2)

    にこりさん、いつもありがとうございます。
    そうなんです、空気でふわふわにする、とても
    すぐれてたホップクリームマシンが、この世に
    存在していたんです!
    スコーンとホイップクリームもよく合いますよね。
    また、カフェでお待ちしています。よろしくお願いします!

    今村ナオミ - 2014年7月11日 13:45

    こんにちわ~

    スイスのホイップクリームマシーンだったとは~
    こういうめぐり合わせがあると、とっても嬉しいですね。

    今でこそ、このふわっふわのホイップクリームは
    いただけるところも増えましたけど・・・
    当時はスタバでしかいただいたことありませんでした。
    スコーンに必ず付けてもらいます。^^

    だから、こちらのカフェでいただいた時は驚いたんですよ!
    こんな生乳感たっぷりの、くちどけやわらかな、
    やさしい甘さのホイップが
    ここでもいただけるの~!って。

    スイスでこんなホイップクリームを食べた記憶も
    ありませんが、よく使われているんでしょうかね。

    今回もとっても興味深く読ませていただきました。
    また楽しみにしています。

    にこり - 2014年6月20日 12:52
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top