世界遺産の街ゴールの名建築ホテルで、癒しのアーユルヴェーダ

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。「世界中を飛び回っていて、その元気はどこから来るの?」とよく言われます。秘訣の一つは、緩急つけた過ごし方。緩い時は、時間がゆっくりと過ぎる場所に身を置くのがいちばん。そんな私の避忙場所であるスリランカで、アーユルヴェーダとホテルの名建築を満喫できる、コロニアルな海辺の街ゴールに行って参りました。

 

泊まったのは、自然と溶け合うような独特な設計が多くの人を魅了する建築家、ジェフリー・バワが手がけた「ジェットウィング・ライトハウス」。「ジェットウィング」は、スリランカ国内に35のホテルを持ち、中にはアーユルヴェーダ専門施設として注目されている「ジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ」、ジェフリー・バワが最初に手がけたホテル「ジェットウィング・ラグーン」などもあります。

 

今回は、「ジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ」で、アーユルヴェーダの専門医として知られるドクター・ディネッシュ・エディリシンゲの診察を受けて、数日過ごした後、海辺のゴールに移って「ジェットウィング・ライトハウス」で、トリートメントの仕上げをしようというプラン。

 

 

旧市街と要塞は世界遺産、ポルトガル、オランダ、英国の植民地時代の面影が今も色濃く残るゴールを訪れ、バワのホテルに泊まりたいというかねてからの夢が実現しました。

ホテルに到着するとまずロビーから広がる大海原に息を呑みます。聞けば、このホテルは上から見ると海に出て行かんとする船の形をしているのだとか。部屋の窓から見る額の中の絵のような海といい、バワの目に入ってくる景色の取り入れ方には感嘆してしまいます。また、柱が並ぶ廊下とうねる緑の芝生に包まれた棟との対比など、ホテルの中を歩いていてもそのユニークな景観に魅了されます。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第68回
世界遺産の街ゴールの名建築ホテルで、癒しのアーユルヴェーダ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top