ツボ&ストレッチで血圧が下がる③頭痛や怒りで血圧が上がるのを防ぐツボ

プロフィール写真

加藤 雅俊

薬剤師・体内環境師・薬学予防医療家。ミッツ・エンタープライズ代表。高血圧や生活習慣病を予防する講座やストレッチ教室を随時開催。
http://www.jht-ac.com

ツボ&ストレッチで血圧が下がる!?/頭痛や怒りで血圧が上がるのを防ぐツボ

 

40代、50代になると、健康診断で"高血圧"と診断され、薬を飲んだり、減塩したりしている人も少なくないのでは? 血圧は、ツボ押しやストレッチで下げることもできるとか。

 

 

頭痛や緊張など、血圧が上がる要因もツボで改善!

 

血圧が上がる要因には、筋肉の緊張からくる頭痛や、精神的な緊張、激しい怒り、ストレスなどがあります。
これらの要因を改善するツボを押して、血圧が上がるのを未然に防ぎましょう。

 

今回は、頭痛と怒りで血圧が上がるのを緩和、防ぐ2つのツボをご紹介します。

 

 

頭を締めつける頭痛

天柱(てんちゅう)

筋肉の緊張も血圧を上げる要因。
このツボは、首や肩の緊張からくる頭痛を緩和し、血圧を調整。

 

ツボの見つけ方

後頭部の髪の生え際で、背中から首の中心に向かって伸びている太い筋肉「僧帽筋」のすぐ外側の左右にあります

 

押し方

両手で頭を包み込み、左右の親指をツボの位置に当てます。5秒間かけて口から息を吐きながら頭の中心に向かって押し上げ、5秒かけて鼻から息を吸いながら徐々に力を抜きます。これを5回繰り返しましょう

 

 

 

血管が切れそうな怒りに

合谷(ごうこく)

痛みや激しい怒りを鎮めるホルモン
「β-エンドルフィン」の分泌を促して、血圧が上がるのを防ぐツボ。

 

ツボの見つけ方

手の甲を上に向け、親指と人差し指の骨が接している二股の部分から、人差し指側にたどったところにあります

 

押し方

親指をツボに当て、人差し指の骨のきわにひっかけるようにして、ぐっと押し上げます。5秒かけて口から息を吐きながら、徐々に力を加えます。5秒かけて鼻から息を吸いながら、徐々に力を抜きます。左右各5回

 

 

 

次回は、緊張やストレスなどで血圧が上がるのを改善するツボをご紹介します。

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/和田美穂

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top