ツボ&ストレッチで血圧が下がる④緊張やストレスで血圧が上がるのを抑えるツボ

プロフィール写真

加藤 雅俊

薬剤師・体内環境師・薬学予防医療家。ミッツ・エンタープライズ代表。高血圧や生活習慣病を予防する講座やストレッチ教室を随時開催。
http://www.jht-ac.com

ツボ&ストレッチで血圧が下がる!?/緊張やストレスなどで血圧が上がるのを抑えるツボ

 

40代、50代になると、健康診断で"高血圧"と診断される人も少なくないのでは? 血圧は、薬を飲んだり、減塩したりせずとも、ツボ押しやストレッチで下げることができるとか。

 

 

頭痛や緊張など、血圧が上がる要因もツボで改善!

 

血圧が上がる要因には、筋肉の緊張からくる頭痛や、精神的な緊張、激しい怒り、ストレスなどがあります。
これらの要因を改善するツボを押して、血圧が上がるのを未然に防ぎましょう。

 

今回は、緊張やストレスなどで血圧が上がるのを抑える2つのツボをご紹介します。

 

 

 

ドキドキ、ピリピリした緊張に

内関(ないかん)

精神的な緊張が高まったときにこのツボを押すと、

副交感神経が優位になり、血圧が安定。

 

ツボの見つけ方

手首の内側の横ジワの中心に薬指を当てます。肘方向に、指幅3本分(薬指、中指、人差し指)のところにあります

 

押し方

内関のツボに親指の腹を当て、5秒かけて口から息を吐きながら、皮膚に対して垂直に、徐々に力を加えます。5秒かけて鼻から息を吸いながら、徐々に力を抜きます。これを5回繰り返します。左右とも行いましょう

 

 

 

クヨクヨ、イライラなどのストレス

労宮(ろうきゅう)

クヨクヨしたり、イライラしたりとストレスがたまったときの特効ツボ。
血圧が上がる前にプッシュ。

 

ツボの見つけ方

軽く握りこぶしを作ったときに、手のひらに当たる中指と薬指の指先の間にあります。手のひらの中央より少し上

 

押し方

ツボに親指を当て垂直に少し押した後、人差し指の付け根へ押し上げるようにツーンとくるまで押します。5秒かけて口から息を吐きながら徐々に力を加えて。5秒かけて鼻から息を吸いながら徐々に脱力。左右各5回

 

 

 

次回は、続けることで高血圧になりにくい体へと導いてくれる、降圧ストレッチについて詳しくご紹介します。

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/和田美穂

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top