50代からの「健康」リフォーム②:二人の10~20年後をじっくり話し合った家づくり【リフォーム事例1 引田邸】/後篇


将来の住まいを見直すのは、定年後ではなくて50代の今! リタイア後も想定した暮らしを快適にする健康リフォームを考えてみませんか? 今回も引田邸のリフォーム事例をご紹介。健康を考えたリフォームには8つのポイントがあるのだとか。ぜひ参考にしてみてください。

 

健康リフォーム 引田邸リビング

珪藻土、ナラ材の天井、麻のカーペットなど自然素材を豊富に活用

 

 

人を招きやすくして
つねに刺激を受ける暮らしに

家に段差を残したり、浴室に冬でも温かなタイルを導入したり。二人が健康でいられるために、家に施した工夫はいくつかありますが、いちばん大きなポイントは、「人を招きやすい家」にしたことだと話します。

 

「いくら仲のいい夫婦でも、四六時中二人っきりで顔を合わせていたら煮つまりますよね。それよりも子どもや孫、友人たちが気軽に訪れてくれて、外からの刺激をつねに受け入れているほうが張りも出て、健康でいられると思うんです」

 

「人を招きやすい家」は、イコール「片づけがしやすい家」。わざわざそのために片づけなくても、つねに片づいた状態にしやすい仕組みにしておくことです。パントリーやウォークインクローゼットなど、収納スペースを十分に確保しつつ、収納棚はすべて入れたものがひと目で把握できる奥行きに。そのため、不用なものはすみやかに処分できるのも特徴です。また、人をもてなすリビング・ダイニング・キッチンをすっきり整然とさせるために、雑多なものをとりあえず置いておける、フリールームを設けたのも「とてもよかった」と振り返ります。

 

「私たちのインテリアのテーマは『余白と循環』。新しいものを気兼ねなく取り入れられるようつねに余白を持ち、不必要なものは潔く手放す。心と体の状態は、住まいのあり方と不思議とリンクします。家を整えることは、そのまま心身を健やかに保つことにつながると思いますね」

 

 

健康リフォームの
ポイント8

1

フリールームは
 「しわを寄せる」空間に

健康リフォーム フリールーム

とりあえずの荷物を置いたり、エクササイズ用のマシンを置いたり。リビングや寝室をすっきりさせるぶん、しわを寄せるような雑多な用途の空間が必要になるので、フリールームを設置しておくと安心

 

2

家の中はバリアフリーにしない

健康リフォーム バリアフリー1

健康リフォーム バリアフリー2

「友人のお祖母さまが90歳を過ぎても元気なのは、階段や段差の多い空間に生活しているからだと伺って」。ダイニングとリビングの間には、日々足の上げ下ろしができるよう、あえて段差をそのままに。洗濯機の上と浴室に取りつけた物干しバーも高さを195㎝にして、つま先立ちでふくらはぎを鍛錬できるように

 

3

備えつけ照明はLEDで
10年間はつけ替え不要に

健康リフォーム 照明

前の家の天井が高かったこともあり、照明はすべてLED電球に。「これからの年齢は、危険な作業は極力減らしたほうがいいと判断しました。交換のときは、子どもたちや家のメンテナンスをしてくれる方に頼むつもりです」

 

 

 

次は健康リフォームのポイント4~8をご紹介。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top