寒いからこそおいしい、コラーゲンたっぷり鱈まるごとの庄内グルメと温泉満喫!

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。都内まで積雪の今冬、雪国山形県の北西部、日本海沿いの庄内地域では、冬ならではの食と文化を楽しむ「食の都庄内 冬の三寒四温観光キャンペーン」が3月末まで開催されています。毎週、イベントが開かれ、「寒だら、寒ふぐ、寒ずわいの庄内三寒と 温泉、新酒、まつり、ひなの庄内四温」を楽しもうというわけです。コラーゲンたっぷりの冬の鱈(たら)と温泉が満喫できる庄内地方、山形への旅をレポートします。

 

 

 

まず向かったのは、JR東日本羽越(うえつ)本線の鶴岡駅。新潟駅から週末を中心に運行している「きらきらうえつ」は、乗って楽しい列車です。4両編成のうち、2号車はラウンジカーとなっており、「茶屋(売店)」、「ラウンジスペース」にプロジェクションマッピングまである情報コーナーが入っています。その他にも日本海の眺望が楽しめる簡易展望スペースや、ぬり絵コーナーまで。乗務員の方が企画したという鮭の焼き漬けや鯛めし、一夜干しイカなど沿線グルメぎっしりのきらきら弁当を買って、ラウンジの席で海を眺めながらいただくのは最高です。(2号車のラウンジは、茶屋で飲食品を買うと40分まで使えます)

 

 

鶴岡市は、日本初で唯一認定されている「ユネスコ食文化創造都市」です。これは、だだちゃ豆など50種類以上もの在来作物の継承、自然に恵まれた四季の郷土料理、歴史ある祭りの中での行事食などが評価されてのこと。海に山に食材の宝庫で、訪れた週は、ちょうど冬ならではの寒鱈を楽しむ「日本海寒鱈まつり」が開催されていました。

12〜1月にいちばん脂がのっておいしい寒鱈をまるごと使った寒鱈汁(こちらでは“どんがら汁”と呼びます)は、冬の風物詩。真鱈の身、どんがら(アラ)、あぶらわた(肝)、皮やぶつ切りにした骨、白子などすべてを入れて、ネギや根菜と共に味噌仕立てで煮込んだ熱々の汁は、五臓六腑に染み渡るおいしさ。驚くのはまったく臭みがないこと。港がすぐという庄内、前日に水揚げした鱈を使っているそう。目の周りや皮などもそのまま入っていて、ぷりぷりのコラーゲンたっぷり。鱈の概念が変わる味でした。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第69回
寒いからこそおいしい、コラーゲンたっぷり鱈まるごとの庄内グルメと温泉満喫!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top