50代からの「健康」リフォーム④カビや収納に悩む築20年のマンションを全面リフォーム【リフォーム事例3 小林邸】


今回は築20年のマンションをリフォームした小林邸をご紹介します。5年ほど前からトイレの不調、カビ、収納などの住まいの問題に悩んでいた小林夫妻。全面改修を行なった結果、視覚的にもすっきりとしたストレスフリーの上質空間に。休日を家で過ごすのが楽しみになったそうです。

 

 

カビや収納に悩む築20年の
マンションを全面リフォーム

健康リフォーム 小林邸

 

リフォーム事例3

健康リフォーム 小林夫妻

小林邸

妻56歳 夫48歳

リフォーム面積:59㎡

設計:エキップ

 

 

住まいの問題を解決して
ストレスフリーの上質空間に

JRや私鉄など3つの路線が徒歩圏内という交通至便な都心の住宅街。昔ながらの商店とマンションが程よく混ざり、懐かしい匂いのする街角に、小林さん夫妻が暮らすマンションがあります。職場も同じという仲の良いご夫婦。ここに引っ越してきたのは、マンションが新築された1994年のことでした。しかし、5年ほど前からトイレが不調に、北側の壁にカビが生えるなど、住まいの問題が気になりはじめたそう。

 

「室内のカビが増えないよう、いつも窓を開けて外出していました」と話す妻のAさん。

 

そこで給湯器が交換時期を迎えたのを機に、将来にわたって快適に過ごせる住まいに全面改修することに。相談したのはリフォームを得意とする設計事務所のエキップです。限られたスペースを有効に使うため、エキップは和室をフローリングに変えてリビングにし、キッチンの配置を換えダイニングと並列にしてスムーズに行き来できるよう提案。さらに収納量を確保するため、押し入れを使い勝手のよい収納スペースに変えるほか、リビングとダイニングに作り付けの棚を用意して、生活の細々したアイテムをすべてしまえるよう計画して、視覚的にもすっきりとした空間に。新しく家具やカーテンを買い替えるなど、インテリアのコーディネートも依頼することで、上質な住まいに仕上がりました。

 

「以前は寝に帰るだけでしたが、リフォーム後は友人を招くこともしばしば。休日を家でゆっくり過ごすのが楽しみになりました」

 

【費用】

リフォーム工事費はデザイン費を含め約1,000万円。
ソファやテーブルなどの家具、カーテン代を含めて別に約200万円

約1,200万円

 

 

[キッチン]
カウンターの位置を変え
家事動線をスムーズに

健康リフォーム 小林邸キッチン

以前はセミクローズドだったキッチンをオープンに配置。キッチンとダイニングの間仕切りを取り払い、ダイニングと平行に配置することで、動線が大幅に省力化。スムーズに行き来できるだけでなく、室内に開放感が生まれました。新たに導入したビルトイン食洗機のおかげで、家事もラクに

 

 

 

次は収納、水まわりのリフォームをご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top