50代からの「健康」リフォーム③:断熱リフォームで家の「健康度」をアップ!【事例2 T邸】


リタイア後も想定した自分たちの暮らしを快適にする「健康」リフォーム、50代の今から考えてみませんか? 今回ご紹介するのは断熱リフォームで住まいの心地よさがアップしたT邸です。高血圧のご主人のために浴室の改築と家中の窓の断熱リフォームを実施したところ、断熱性能と省エネ性能が向上したそうです。

 

 

断熱リフォームで
家の「健康度」をアップ!

健康リフォーム T邸リビング

 

リフォーム事例2

健康リフォーム めぐみん

T邸

妻59歳 夫64歳
リフォーム箇所:バスルーム、
トイレ、リビングの窓など

 

 

窓まわりやバスを替えて
快適度が大幅にアップ!

リフォーム事例3軒目は、MyAge/OurAge編集スタッフの自宅。築11年の中古住宅を7年前に購入、間取りや床材を替え、テラスを作るなど全面的にリフォームしましたが、比較的きれいだった浴室はそのままだったので、そろそろ新しくしようと計画。ユニットバスを選び、近所の工務店を頼んだときに提案されたのが、窓の断熱リフォームでした。

 

「確かにルーバー窓では脱衣するときの冬の寒さが気になり、ヒートショック対策に小さなヒーターで温めてから入浴していました。二重窓のよさは知っていましたが、大がかりになるとあきらめていて。でも、複層ガラスの樹脂窓が簡単に取りつけられると聞き、飛びつきました」

 

「健康のために思いきって」とリビングルームや他の部屋も窓をリフォームすることに。熱の出入りが大きいアルミサッシを樹脂サッシに替え、二重窓にすることで、外気の影響を受けにくく断熱性能と省エネ性能が向上。網入りガラスからクリアガラスに替わり、庭の緑も美しく眺められるようになりました。

 

「快適になったし、バブルバスが気に入って夫も風呂好きに! 窓って大事だったなと実感しています」

 

 

【費用】

水まわり(「TOTOサザナHSシリーズ1620」を中心に)約130万円、サッシ工事すべて約160万円、他

約330万円

 

 

[リビング]
アルミサッシから複層ガラスの
樹脂サッシに、1日で交換!

健康リフォーム T邸リビング

1 テラスに面した大きな窓を介して、室内外がオープンにつながる住まい。リフォーム後は室内から眺める緑がいっそうきれいに

健康リフォーム リビングBefore

健康リフォーム 網入りガラス

窓枠はそのままに新しい窓をかぶせて取りつける窓のリフォームYKK AP「かんたんマドリモ」で、壁を壊さず短期間で工事。網入りガラスをクリアガラスにしたことで、テラスとの一体感が生まれました

 

健康リフォーム 網戸

2 クリアネット網戸で景色がクリアに、通風量アップ。

 

健康リフォーム ガラス

3 断熱性能を誇るLow-E複層ガラス

 

 

 

次は水まわりの断熱リフォームをご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top