OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/131533/

50代からの「健康」リフォーム⑤:プロおすすめの最新設備機器

進化著しい水まわりの機器選びについて、リビングデザインセンターOZONE※のインテリアコーディネーター、山田佳代子さんに教わりました。

 

 

水まわりリフォームで
くつろぎの住まいが実現

洗面所やバスルーム、トイレといった水まわりは、健康を守るスペース。つねに美しく快適に保っていたいと思いながら、経年変化とともに、掃除をしても汚れが落ちにくく、老朽化が目立ちはじめます。一般的に水まわりの交換時期は15〜20年が目安。給湯器の交換も必要となるため、そのタイミングでお風呂や洗面スペースを一新するケースが多いようです。

 

「水まわりの交換は思いのほか費用がかかりますが、省エネや節水といった最新の機能も期待できます。しかもMyAge/OurAge世代なら、自分の時間を充実させるためにもバスルームを広くして洗面スペースとつなげるなど、より快適な空間にしたいと考える人が多いようです」と山田さん。

 

水まわりのリフォームには注意も必要。トイレはデザイン的にも美しいタンクレスが主流ですが、タンク式から交換する場合は新たに手洗い器が必要に。ユニットバスは、搬入できないケースもあるのでリフォーム対応の商品を選びます。洗面スペースは洗面ボウルと水栓金具の配置が水だれしないタイプを選ぶと、掃除しやすく、使い勝手のよい場所に。

 

水まわりは大切なリラクセーションスペース。日々を元気に美しく暮らすためにも、理想の空間を実現してみませんか?

 

 

【トイレ

除菌水や特殊加工で

キレイを保つタンクレストイレ

健康リフォーム トイレ1

健康リフォーム トイレ2

ネオレスト(TOTO)

黒ずみや輪ジミの原因となる菌を除去し、気になるにおいを自動で抑える機能付き。便器のフチをなくして掃除もラクに。洗浄水量が従来の約3分の1という節水機能も魅力

 

 

 

次はバスルームと洗面の最新設備機器をご紹介。

【バスルーム】

家庭でスパ気分!

極楽バスでリラックス

健康リフォーム バスルーム1

スパージュ(リクシル)

肩をなでるようにお湯が流れるアクアフィール(肩湯、写真右上)がついた、新感覚のバスルーム。打たせ湯(写真右中)や、全身をシャワーが包み込むオーバーヘッドシャワー(写真右下)の機能も

 

 

【洗面】

洗面所が快適な

パウダールームに変身

健康リフォーム 洗面

ルミシス(リクシル)

陶器製の新素材アクアセラミックを搭載し、清掃性とデザイン性を両立。水栓や照明はタッチレスで作動します。美しい洗面スペースがお気に入りの場所になりそう

 

 

※リビングデザインセンターOZONEの新築・リフォーム相談

「OZONE家design」

http://www.iedesign.ozone.co.jp/

 

 

 

 

次回は知っておきたいリフォームの基礎知識をご紹介します。

 

 

 

 

撮影/富士 晃 イラスト/かくたりかこ 取材・原文/小森知佳

 

<前の記事

<前の記事
第4回/50代からの「健康」リフォーム④カビや収納に悩む築20年のマンションを全面リフォーム【リフォーム事例3 小林邸】…

次の記事>

次の記事>
第6回/50代からの「健康」リフォーム⑥:知っておきたいリフォームの基礎知識〈1〉50代はリフォーム適齢期…

この連載の最新記事

50代からの「健康」リフォーム⑨:リフォーム成功のために資金計画は綿密に!

第9回/50代からの「健康」リフォーム⑨:リフォーム成功のために資金計画は綿密に!

50代からの「健康」リフォーム⑧:知っておきたいリフォームの基礎知識〈3〉リフォームの成功は依頼先選びから

第8回/50代からの「健康」リフォーム⑧:知っておきたいリフォームの基礎知識〈3〉リフォームの成功は依頼先選びから

50代からの「健康」リフォーム⑦:知っておきたいリフォームの基礎知識〈2〉現状を知ればリフォームは怖くない

第7回/50代からの「健康」リフォーム⑦:知っておきたいリフォームの基礎知識〈2〉現状を知ればリフォームは怖くない

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル