野生動物に、絶景に、元気をもらう 南オーストラリア州カンガルー島の旅(後編)

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。南オーストラリア州の州都アデレードから飛ぶこと約30分のカンガルー島で出会うのはカンガルーだけではありません。オーストラリア・アシカの生態に驚いた旅の前編に続いて、あちこちで出会う動物たちや絶景と自然から元気をもらったカンガルー島の旅・後編をお届けします。

 

カンガルー島2日目は、まず島の西端にある「フリンダーズチェイス国立公園」へ。昨夜のディナーからの帰り道、ワラビーが道路を横切って行きましたが、本当に野生動物があちこちにいます。まずは、ニュージーランド・オットセイが群れをなす南端のアドミラル・アーチへ。途中、ミストがかかった幻想的な南海岸の眺めが広がります。この海は南極に面した冷たい海なのです。

 

遊歩道を歩いていくと、波を避けて岩肌にいるニュージーランド・オットセイを見ることができます。

遊歩道の先端には、自然が造った岩のアドミラルズアーチあって、その向こうには荒波の海がのぞきます。海水との温度差のせいでしょうか、風よけのパーカーが必携の強風が年の7割は吹くそう。

 

「フリンダーズチェイス国立公園」でのもう一つの見どころが、アドミラルズアーチから少し東にいったところに突如あらわれる奇岩の数々リマーカブル・ロックス。地下のマグマが地表を盛り上げ、風化が始まったのは2億年前!そんな時間が造り上げた自然の芸術は、もう見事過ぎます。

海に近づき過ぎないようにという警告のサインボードが立つ岩の向こうは、波に洗われる断崖です。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第76回
野生動物に、絶景に、元気をもらう 南オーストラリア州カンガルー島の旅(後編)

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top