野生動物に、絶景に、元気をもらう 南オーストラリア州カンガルー島の旅(後編)

カンガルー島での3日目。この日の夕方の飛行機でアデレードに戻るのですが、それまではノンストップのアドベンチャー。午前中は南部にある「ケリー・ヒル保護公園」に行って、1時間の洞窟探検。150年ほど前に発見された鍾乳洞は、迫力のある石柱や光に浮かび上がる水晶などとても幻想的。

 

地上に戻って、近くの元農場でランチ。グラスツリーやユーカリなどが生えた野原でとても素敵なテーブル・セッティングをしてもらい、さすがアウトドア天国のカンガルー島と感激。何といっても原っぱではハリモグラが顔を隠していたりするんですから!

 

 

残りの午後、これでもう終わりかと思っていたら「いやいや、まだ冒険足りないでしょう。コアラも見ていないでしょう?」ということで、あの美しいビーチに驚いたビボンヌ・ベイにある「カンガルー・アイランド・アウトドア・アクション」に行くことに。

 

何をするかというと4輪バギーで疾走し、砂丘でサンドボーディングをするという。もうどんだけ遊べるんだこの島は!と驚きながら、まずはヘルメットなど装着して4輪バギーにまたがる。いちばん短いツアーで1時間半。敷地500エーカーもあるなかで、初心者コースで軽く練習した後は、インストラクターについてツアーリング。デコボコ路もあって結構な迫力です。付いて行くのに必死で、力んで筋肉痛。乗馬以上に下半身に力がかかったような。

 

そして、砂原で大きなトカゲ、ユーカリの森でついにコアラに遭遇!

コアラは親子で「何この人たち?!」とシャッター音に目を丸くしていた子コアラが、意外なすばやさで「おかーさん、コワい〜」とばかりに母コアラに抱きつきにいっていたのが、本当にかわいかった(びっくりさせてごめんね)。

カンガルー・アイランド・アウトドア・アクション

http://www.kioutdooraction.com.au

 

 

2泊3日とは思えぬ充実ぶり。アシカ、オットセイ、ワラビー、カンガルー、トカゲ、コアラそして鳥といった動物たちとの出会い。そんな環境を生かしながらの贅沢なステイやダイニング。カンガルー島には、元気をくれるアウトドアがいっぱいでした。

 

 

カンガルーアイランド観光局 https://www.tourkangarooisland.com.au

 

 

取材協力/

オーストラリア政府観光局  www.australia.jp

南オーストラリア州政府観光局  www.southaustralia.com

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第76回
野生動物に、絶景に、元気をもらう 南オーストラリア州カンガルー島の旅(後編)

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top