OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/143870/

冷えとり名人が指南/着るもの編①夏でも「重ね着」が基本です

田中美津さん

田中美津さん

1943年生まれ。鍼灸師。1970年代初頭、日本のウーマン・リブ運動を主導。4年半のメキシコでの生活を経て、1982年より鍼灸治療院「れらはるせ」を開設。
『自分で治す冷え症』(マガジンハウス)『いのちの女たちへ とり乱しウーマン・リブ論』(パンドラ)など著書多数

快がわかれば不快がわかる。

夏の重ね着は気持ちいい

 

 

夏は暑いので冷えに無防備になりがち。でも、冷房過剰な現代では冬より夏のほうが冷えは深刻です。

 

35年のキャリアを持つ鍼灸師で、冷えとり名人の田中美津さんが、"明るく養生、元気に不摂生"をモットーに、体も心もラクになる"好い加減"な夏冷え養生法を伝授します。

 

今回は、冷えないためにすぐできる「着るもの対策」の基本、“重ね着”についてのお話です。

 

 

 

速乾性インナーで下半身の冷えをガード

【基本はショーツ1枚、スパッツ2枚】

 

 

 

冷えを入り込ませないためにすぐにできる養生は、着るものに気をつけること。夏は薄着の季節ですが、屋内はどこも冷房がかかっているので、衣類で防寒はマストです。

 

「特に下半身の防衛がキモ。みんな上は羽織ものでカバーするけど、足元は油断しがち。素敵なスカートをはいて生足にサンダルとかね。すると"すそ風"といって、足元から冷気が入り込んじゃうのよ」

 

東洋医学では足は腎に関係。足を冷やせば命の根幹である腎臓が衰え、卵巣や子宮も悪くなります。結果、頻尿、膀胱炎、腰痛、むくみ、扁桃炎、月経痛、子宮筋腫などを病むことに。

 

そこで美津さんが提唱しているのが「ショーツ1枚、スパッツ2枚」。夏には暑くてムレそうですが⁉

 

「素材を選べばいいの。綿は一見よさそうだけど、汗で湿るとずっと湿ったままだからNG。おすすめは、吸水性と速乾性に優れている絹のショーツとアウトドア用の高機能素材のスパッツ。やってみると気持ちよくてやみつきになりますよ。だからまずはトライしてみて。この心地よさを知れば、自分がいかに冷えていたかがわかるから」

 

とはいえ、人は冷えとりのために生きているわけではないから、"ここぞ"というときにはミニスカート に生足で勝負してもOKだそう!

 

「そのときにダメージを受けなくてもすむように、普段からスパッツ 2 枚を基本にしましょう。不摂生を楽しむには日頃の養生が物を言うのよ」

 

 

次ページでは、おすすめのインナーをご紹介!→

COCOONA SKINWEAR (コクーナ スキンウェア)

ブランドディレクターが「おへそまである、おしゃれなショーツが欲しい」という声に応えて作ったシルクのショーツ。ブラとセットも可。自信作です。ショーツ¥3,800・ブラジャー¥4,900/OurAgeストア

 

 

モンベル

「これは型崩れしにくく丈夫で長持ち。吸水・速乾性に優れ着心地も最高!」と美津さんも絶賛。ジオライン L.W. タイツWomen’s¥2,762/モンベル・カスタマー・サービス

 

 

 

次回は、着るもの編②夏の冷え対策コーディネートをご紹介します。

 

 

撮影/山崎 誠 イラスト/しおたまこ 構成・原文/石丸久美子

 

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/冷えとり名人が指南/あれも? これも? 冷えの症状10…

次の記事>

次の記事>
第4回/冷えとり名人が指南/着るもの編②冷え対策コーディネート…

この連載の最新記事

冷えとり名人が指南/心の冷えは「イメトレ」で脱却

第17回/冷えとり名人が指南/心の冷えは「イメトレ」で脱却

冷えとり名人が指南/体操編②歪みを正す「橋本操体法」

第16回/冷えとり名人が指南/体操編②歪みを正す「橋本操体法」

冷えとり名人が指南/体操編①「振り子運動」で簡単気功

第15回/冷えとり名人が指南/体操編①「振り子運動」で簡単気功

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル