OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

おすすめ親子旅 苔に癒される奥入瀬渓流&青森のお祭りワンダーランドへ

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。梅雨も明け、夏休みで帰省の娘と二人旅。世代を問わず楽しめて、親子旅におすすめの地を、国内編と海外編の2回でお届けします。まず今回の国内旅は青森。手つかずの奥入瀬渓流の緑と、名物ねぶた祭りを年中楽しめる、2カ所の温泉旅館を巡ります。

青森県・十和田八幡平国立公園にある奥入瀬(おいらせ)渓流は、特別景勝かつ天然記念物として手つかずの自然が保護されています。この奥入瀬渓流のほとりに立つのが「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。また、青森を代表する勇壮な武者の山車で有名な青森の4大祭りと郷土文化が楽しめる、テーマパークのような宿が「星野リゾート 青森屋」。この2施設は、無料シャトルで結ばれていて、それぞれの施設から空港やJRの駅にも無料送迎シャトルが出ているので便利です。

 

今回、このシャトルを使って、まずは青森空港から約1時間半の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」へ。美しい緑に囲まれた189室は、夏は名物の苔をテーマにした「苔ガールステイ」、冬は「氷瀑の湯」など四季折々に趣向のある滞在が楽しめます。

東西2つのロビーを飾るのは、奥入瀬を愛した岡本太郎の大きな作品。東館ラウンジの「森の神話」は、壁一面のガラスの向こうに緑が広がり、その美しさにまずうっとり。なかなか親子でゆっくり時間を過ごす機会はないものですが、チェックインした「渓流和室」では、眼下に渓流を臨み、ただただ美しい自然の中で時を過ごすという贅沢が味わえました。

 

 

食事処は、洋食料理を会席仕立てにして提供するクラシックな雰囲気の「西洋膳処 奥入瀬」と、青森の名産のりんごを様々に使った料理が並ぶブッフェ「青森りんごキッチン」がありますが、気兼ねなく親子で好きな料理を選ぶブッフェをチョイス。ホタテの貝焼きや薄切りビーフを甘辛いタレで炒めた青森名物のバラ焼きなど、熱々の料理を目の前で仕上げてくれるコーナーや、いくらと鮭の親子丼を自分で作れるコーナーも。

 

食後には、奥入瀬渓流の自然や渓流散策のあれこれをレクチャーしてくれる「森の学校」に参加。日本に約1800種もある苔のうち約300種類がここ奥入瀬渓流にあることや、写真を見ながらの苔の観察方法を教えてもらうと、明日の散策がさらに楽しみになります。

 

次ページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第77回/ホテル、グルメ、エンタメ どれもハイスタンダードで“あがる”ラスベガス…

次の記事>

次の記事>
第79回/夏休みおすすめ親子旅(海外編) プーケットで二人ウェルネスとバンコクの旅 …

この連載の最新記事

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル