名曲『モルダウ』の調べを思い浮かべながら 、アートに触れるチェコの旅

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。オーストリアまでは何度か訪れているのですが、この夏初めて、念願だったチェコ共和国に行って来ました。ユネスコ世界遺産であるリトミシュル城で、夏に開かれる音楽祭でオペラを観ました。優雅でスラブの香りも高いチェコの旅をご紹介します。

 

アールヌーヴォーの画家アルフォンス・ミュシャや、大河を思わせる「我が祖国」の第2曲「モルダウ」の旋律が有名なベドジフ・スメタナなど、チェコ共和国のアーティストは日本でも有名ですね。

 

チェコ共和国の首都プラハは、世界で最も大きい城であるプラハ城や大河ヴルタヴァ川にかかるカレル橋など重厚な情景が思い浮かぶ大都市ですが、そこから車で2時間40分ほど走れば、緑の丘陵が広がるボヘミア東部の歴史ある町、リトミシュルに着きます。世界文化遺産に登録されているリトミシュル城を囲む小さな町は、かわいい街並が美しく整っています。

 

 

このリトミシュルは、スメタナの生まれ故郷。町の広場にはスメタナの像が立ち、毎夏「スメタナのリトミシュル」という大規模な音楽祭が開かれます。1949年から開催されている、チェコで2番目に古い音楽祭です。

なんと屋根付きの中庭と宮廷劇場まであるリトミシュル城の中で、オペラが開催されます。2018年は6月14日〜7月7日まで、いろんな演目が毎日上演され、スメタナの生家である城内のビール醸造所でも、世界中からアーティストを招いてコンサートを上演。日本からもピアニストの福間洸太朗さんが参加されていました。チケットは演目などによりますが、おおむね5,000円以下という信じられないお値段でした。

 

 

皆さんおめかしして、城でのオペラ鑑賞。私が観たのはオペラ「メフィストフェーレ」。とても現代的な演出で、バリトンが魅惑的なメフィストフェレス(悪魔)が、コートを羽織るだけで悪の魅力を発揮するのがとてもかっこよくて見入りました。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第80回
名曲『モルダウ』の調べを思い浮かべながら 、アートに触れるチェコの旅


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top