50代のストレッチ⑧骨盤を起こし、首や腰の痛みを防ぐ「股関節」のストレッチ


連載「50代のストレッチ」で、関節と筋肉を柔軟に保つことが老化を遅らせるのに大切であることを学んできました。そして実践編として、さまざまな関節のストレッチをご紹介してきましたが、今回は股関節のストレッチです。

 

 

骨盤後傾を改善し、姿勢を正す

脚伸ばし

股関節が硬くなっていると骨盤が後ろに傾き、腰痛や姿勢のくずれの原因に。ストレッチしてよく伸ばして。

 

1右膝を曲げて前後に開脚

右膝を曲げて両脚を前後に大きく開き、左脚は後ろに伸ばして膝は床につけます。両手を右足の横につけて、前傾姿勢になります

 

2上体を起こしてキープ

上体を起こして右膝を直角にし、両手を右の太ももに置き、3呼吸キープ。左右の脚を入れ替えて同様に。左右各3回

 

 

この脚伸ばしストレッチがラクにできた人は、次ページのストレッチに挑戦してみましょう!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第8回
50代のストレッチ⑧骨盤を起こし、首や腰の痛みを防ぐ「股関節」のストレッチ


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top