声の老化に勝つ!⑦/声のアンチエイジング「ウソvs.ホント」③辛いもの、炭酸水はNG?


「声のアンチエイジング」にまつわる情報のあれこれ。今回は食事などのウワサを「ウソ」か「ホント」かジャッジ!

のどのためには温かい飲み物のほうがいい? 激辛料理はのどに悪い……?

あなたの予想とは違う答えかもしれません!

 

 

●お酒を飲むスピードが喉のダメージに関係する
→ホント

 

実は声の老化とお酒はあまり関係がありません。お酒が通るのは食道で、声帯のある気管は通らないからです。ただ、お酒は利尿作用によって体内の水分を減らす作用があるうえ、飲むスピードが早いと、代謝されずにアルコールとして吐く息から出ていきます。それが声帯を直撃するのでダメージにつながります。声のためにはお酒はできるだけゆっくり飲むことです。

 

●太ると声も変わることがある
→ホント

 

太って脂肪が多くなると、声帯周辺の粘膜下、舌や口の中の脂肪も増えることに。それは「共鳴」の仕方が変わるということ。一般的に、脂肪が増えるとそれまでより響きの悪い声、通りにくい声になるといわれます。ということは、痩せて脂肪が減って声に変化が出ることも。

 

 

●喉を潤すのに冷たいものはNG
→ウソ

 

たとえ夏でも冷たいものより温かい飲みもののほうがよい、といわれます。ただ声帯への潤い補給の意味では、水であればどちらも同じ。お湯は、湯気が潤いを与えるので大事ということになっていますが、たくさんは飲めません。水のほうが直接潤いを与えることができて◎です。

 

 

●せきが止まらないときは、すぐ耳鼻咽喉科へ!
→ウソ

 

風邪をひいて数日せきが止まらない、喉が痛い。そんなときはまめに水をとり続けることが最優先。せきは防御反応なので、乾燥していると分泌物が気管にへばりつき、それを外へ出そうとしてせき反射が起きます。特別なものは不要。水で潤いを与えることを心がけて。せきや痛みが長期間続くようなら専門外来を受診。

 

 

●辛いものや炭酸水は喉を悪くする
→ウソ

声のウソホント_激辛と炭酸

辛い食べものや炭酸水の通り道は食道なので、直接影響はありません。ただ、胃酸の逆流がある人はNG。辛いといえばミントのタブレットは、サラサラした唾液を出して声帯を潤してくれる効果も! プロの歌手たちがこぞって愛用するブランドもあるほど。

 

 

 

 

イラスト/かくたりかこ  構成・原文/蓮見則子  指導・監修/楠山敏行

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top