50代のストレッチ⑩骨板前傾を改善し、反り腰を予防「腸腰筋」のストレッチ


老化を遅らせるカギを握っているのは、関節と筋肉の柔軟性を保つことです。前回まで、関節を柔らかくするストレッチをご紹介してきました。今回から、筋肉を 柔らかくするストレッチを試していきます。50代のストレッチのチェックテストで、自分の硬かった筋肉のストレッチを実践! 柔軟度に応じて2種類ずつあるのでできるほうを行ってみてください。

 

 

骨盤前傾を改善し、反り腰予防

腸腰筋のストレッチ

 

 

体が硬い人は

椅子に右ももをのせ前後に開脚し、
左股関節を伸ばす

椅子の端に右の太ももをのせ、右手で椅子の背を持ち、左手はお尻に当てます。左脚を後ろに伸ばし、左手でお尻を押すイメージで股関節を伸ばし、息を吐きながら20~30秒キープ。これを2~3回。反対側も同様に

 

 

 

次ページで、体が柔らかい人が実践するといい腸腰筋のストレッチをご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第10回
50代のストレッチ⑩骨板前傾を改善し、反り腰を予防「腸腰筋」のストレッチ


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top