OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

踊って歌って魂に響く アメリカ3都市・音楽旅で元気になる!②<シカゴ編>

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。ブルース、ジャズ、ロックンロールなどアメリカが生んだ音楽は、様々な国から移民してきた人々の歴史を写しています。マイアミ、アトランタ、シカゴの3都市で、アメリカ音楽を生で体験する旅をご案内しています。

 

3都市巡りの最後は、ブルースとビル建築とアートの街、イリノイ州シカゴへ。まるで海のように大きいミシガン湖畔の摩天楼の街、湖を臨むネイビー・ピアにある「W シカゴ レイクショア」に宿を取りました。

W シカゴ レイクショア W Chicago – Lakeshore

https://www.marriott.com/hotels/travel/chiwh-w-chicago-lakeshore/

 

Wは、音楽を楽しむことをテーマにしているホテルで、共有部分でご機嫌な音楽ががんがん流れていることが多いのですが、ここシカゴのWは大人向けのグルービーな音楽で落ち着いた雰囲気。部屋はとてもモダンでお洒落。

 

 

シカゴではまず、ディープディッシュピザと言われる名物のチーズたっぷりの分厚いピザを。注文してから出来上がりまで45分かかるというピザは、具がたっぷりで食べ応え十分。シカゴに来たら絶対味わってほしい一品です。有名店がいくつもありますが、ここ「ジーノズ・イースト」は、壁一面のお客の落書きのインテリアがユニークで、ピザはサクッと軽めのクラストが特徴。

ジーノズ・イースト Gino’s East

https://www.ginoseast.com

 

 

「シカゴ大火」と言われる1871年の大火事で市内の古い街並を焼失した街を、有名建築家の手によって当時の最先端をゆく機能的な鉄骨造の高層ビルによって再生していったのが今のシカゴ。シカゴ建築財団が催行する「シカゴ・ファースト・レディ・クルーズ」では、そんなシカゴの街や建築の話を聞きながら、川を行く船上から次々に現れるビルを見ることができます。

シカゴ・ファースト・レディ・クルーズ 

Chicago’s First Lady Cruise

https://www.cruisechicago.com

 

 

シカゴで建築と共に見逃せないのはアート。アメリカ3大美術館の一つシカゴ美術館は、印象派、現代アート、アメリカンアートなど見応えのあるコレクションで、全部ゆっくり回ると1日かかりそう。アメリカでいちばんパロディに登場するという「アメリカンゴシック」やシャガールの壁一面のグラスアートなど、必見のアートがいっぱいです。

穴場は、料理のアカデミー賞であるジェームズ・ビアード賞を受賞したシェフによる、洗練されたイタリアンにワインのセレクションも揃う美術館内のレストラン「テルザ・プラノ」。充実のアート鑑賞の合間のちょっと贅沢ランチに。

テルザ・プラノ  Terzo Piano

http://www.terzopianochicago.com/

 

 

次ページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第84回/踊って歌って魂に響く アメリカ3都市・音楽旅で元気になる!①<マイアミ&アトランタ編>…

次の記事>

次の記事>
第86回/カラフルに祝う“死者の日” 、メキシコの“魔法の村”へ…

この連載の最新記事

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル