OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

踊って歌って魂に響く アメリカ3都市・音楽旅で元気になる!②<シカゴ編>

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

さて、残りの1日はシカゴでの音楽三昧。マディ・ウォターズやハウリン・ウルフ、チャック・ベリーといったブルースやR&Bの有名アーティストを輩出したレーベル「チェス・レコード」の本社跡へ。このブルースの聖地ともいえるスタジオでは、ローリング・ストーンズが録音したこともあって、今は、ブルース・ヘヴン財団が管理しています。

ヒストリック・チェス・レコード Historic Chess Records

http://www.bluesheaven.com/historic-chess-studios.html

 

 

夜は、ブルースのライブハウス巡りへ。まずは、食事を取りながらブルースやジャズなどが楽しめる「ハウス・オブ・ブルース」へ。オーナーが子供の頃に南部テネシー州で親しんだ音楽を各地でも、ということで開いた店。ステージから降りて来たプレイヤーが、テーブスのお客とかけあいでからんだりということも。

ハウス・オブ・ブルース House Of Blues

http://www.houseofblues.com

 

二軒目は、1968年オープンとシカゴで最も古く、最も大きいブルースの有名ライブハウス「キングストン・マインズ」へ。2つのステージで交互に途切れなくブルースが演奏されます。住宅街の中にあって、ローカルの人もいっぱい。自分もいつの間にか一緒に身体を揺らしてました。

キングストン・マインズ Kingston Mines

https://kingstonmines.com

 

 

音楽を通して、アメリカの歴史や多様性を体感した旅。2018年11月16日から日本全国で上映される『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』という映画で、今回体感したようなアメリカ音楽の魅力が紹介されています。『Wake Me Up』が大ヒットしてグラミー賞にノミネートもされたアロー・ブラックが主演。ブルース、ジャズ、ロックンロールとアメリカの音楽のルーツを訪ねて、出身地のLAから始まりシカゴやニューオリンズなどアメリカ南部州を周り、マイアミではラテン音楽の歌姫グロリア・エステファンにも会いに行きます。映画の中で、大衆の中で“生きている”感じがするアメリカの音楽。映画を見たら、生できっと体感したくなります。

アメリカン・ミュージック・ジャーニー  American Music Journey

http://americanmusicjourney.jp

 

次ページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第84回/踊って歌って魂に響く アメリカ3都市・音楽旅で元気になる!①<マイアミ&アトランタ編>…

次の記事>

次の記事>
第86回/カラフルに祝う“死者の日” 、メキシコの“魔法の村”へ…

この連載の最新記事

台南の塩にかっさ、台北の極上ホテルで台湾ならではの美磨き

第107回/台南の塩にかっさ、台北の極上ホテルで台湾ならではの美磨き

台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う

第106回/台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル