OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

マカオでラグジュアリー女子旅 最高層スパ&豪華アフタヌーンティー

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。2018年10月23日に香港とマカオ、珠海(中国本土)を結ぶ全長55kmと世界最長の「港珠澳大橋」が(遂に)開通。マカオまで日本から直行便だと約5時間。香港経由の場合、フェリー(約1時間)という選択肢に加えて、この橋を渡って行く方法では約30分と短縮に。アクセスもさらに便利になりました。

 

そんな、今注目のマカオにある全室24時間バトラー付きという5ツ星ホテルが「セントレジス・マカオ コタイセントラル」です。「お茶をお持ちしましょうか?」「服をクローゼットにおかけしましょうか?」とフレンドリーなバトラーがあれこれリクエストに応えてくれます。ホテル最上階スパでの「ジェムストーントリートメント」、ちょっと珍しいマカオ式アフタヌーンティーなど、ほかでない体験ができるのも魅力です。

 

 

まずは、ホテルの38階にあってマカオ最高層の眺めを誇る「イリディウムスパ」。何といってもここだけという「ジェムストーントリートメント」がおすすめ。

アクアマリン、シトリン、ルビー、サファイア、トルマリン、パールのシグニチャージェムストーンから抽出したミネラルエキスを使う、なんとも贅沢なトリートメントです。

 

まずは「あなたのエネルギーレベルはどれくらい?」ほか4つの質問に応えていくと、6つのシグニチャーストーンの中から、現在と目指す状態に最も合ったトリートメントをカスタマイズしてくれます。私にその日選ばれたのは「サファイア」。生命力と創造性、清らかさを高めるパワーがあるそう。自分の気分にもぴったりでうれしい。

個室のバスタブに使って身体を温めてからサファイアの原石を使ったマッサージは、まさに至福。ジェムストーンは、マッサージオイルに使うだけではなく、どうトリートメントに使うかもカスタマイズしてくれるのです。終ってから、その翌日も本当に身体がすっきりします。「イリディウム・パーソナライズド・ジェムストーン」は、80分で平日1,280パタカ、週末1,340パタカ(税・サ別)です。この贅沢さを考えるととてもお値打ち。

※1パタカ=約13.98円(2018年11月5日現在)

こちらのスパは、酸素テクノロジーを使った「イントラシューティカル」のフェイシャルトリートメントが受けられるのも貴重。イントラシューティカルは、オーストラリア発で、高濃度酸素と独自の美容液(リジュビネーション)を同時に肌に導入することで、コラーゲンとエラスチンの生成や肌のターンオーバーを促すアンチエイジングなトリートメント。

私は、ブースター(噴射器)で肌に導入するメニューを試してみました。終った直後もですが、こちらも翌日も肌がふっくりとした張りがキープできていたように思います。ハリウッドのセレブの間でも人気で、マドンナは、自宅にトリートメント用マシーンを持っているとか。ブースターを含むトリートメント80分2,880パタカ〜(税・サ別)。イントラシューティカルのホームケア用美容液なども購入ができます。

 

 

次ページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第86回/カラフルに祝う“死者の日” 、メキシコの“魔法の村”へ…

次の記事>

次の記事>
第88回/バリ島隠れ家リゾートでバリ舞踊体験 。 スパや食事なども組み入れた「美人滞在」とは?…

この連載の最新記事

台南の塩にかっさ、台北の極上ホテルで台湾ならではの美磨き

第107回/台南の塩にかっさ、台北の極上ホテルで台湾ならではの美磨き

台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う

第106回/台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル