強い骨プロジェクト④ 骨折、私の体験談/木下庸子さん「ウエッジソールで転び、足の小指をポキッ!」


骨粗しょう症について知る特集の第一弾は、美と健康にかかわる仕事を持つアワエイジ世代のリアルな骨折体験談。前回のヘアスタイリスト松浦美穂さんに続いて、今回は木下庸子さんに話を伺いました。

 

 

強い骨プロジェクト④骨折、私の体験談

 

 

Yoko Kinoshita
木下庸子さん

1969年生まれ。ヘア&メイクアップアーティスト。嶋田ちあき氏に師事し、2007年に独立。光で立体感と華やかさを出す「3Dメイク」を考案し、雑誌や広告、テレビ、企業でのメイクレッスンなどで活躍

 

 

ウェッジソールサンダルで転び
足の小指をポキッ!

 

松葉杖生活の不便さに
健康のありがたさを実感

「厚底のウェッジソールサンダルを履いて、仕事に急いでいたときでした。デコボコした道のほんの少し斜めになった場所で、グキッと足首をひねってしまったのです。瞬間、ピキッという音がしたので、まずいと思ったのですが、撮影の現場は休めないので、そのまま仕事に向かいました」

 

足の小指がみるみる腫れ、痛みを我慢しながら、なんとか5時間の仕事を終了。その足で病院に駆け込みました。結果、右足の小指の付け根がパッキリと折れていました。46歳のときです。

それからギプスと松葉杖の生活がスタート。そこで気づいたのが、何も手に持てないという不便さ。最初の頃は、バッグを持つことはおろか、ごみ出しさえも、一人でままならない事実に愕然。治療薬は痛み止めが出た程度で、ギプス着用約1カ月。回復するまで、約3カ月かかりました。

 

「治療期間中は独自の判断で、骨の回復が早まるようにと、ニッピコラーゲン100をせっせと飲みました」
ほかに、ビタミン&ミネラル補給に青汁を。カルシウム補給にはイワシの粉末を味噌汁に入れ、おやつにイワシの丸干しを食べるなどを実践。今でも骨の健康維持のために継続中。

 

「また、折れたのは小指の根元ですが、くるぶしのあたりまで腫れて、痛みがあったため、くるぶしまわりを優しくマッサージして血行を促しました」

 

約3年たった今でも患部の周辺が痛むことがあるので、マッサージは欠かせないといいます。
「教訓…厚底のウェッジソールは40歳過ぎたら危険(笑)。そして、日頃から骨活生活を心がけること!」

 

次ページで、木下庸子さんの骨に効くオススメの商品をご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top