5棟で一つのホテル。巡り歩けば いつの間にか京都の町と文化に交わってる

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。ビルの合間に時おり暖簾のかかる格子戸、曲線を描く犬矢来。風情のある京町屋。京都の中心、四条通と五条通の間に“5棟で一つ”というユニークなホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」が2018年10月15日にオープンしました。ただ滞在の場というだけでなく、京都の文化と交わる、ひと味違う体験も提供しています。

 

photo by Tomooki Kengaku

 

「ENSO ANGO」は、それぞれの棟が立つ通りの名前を取った「TOMI Ⅰ(富小路通1)」「TOMI Ⅱ(富小路通Ⅱ)」「FUYA Ⅰ(麩屋町通Ⅰ)」「FUYA Ⅱ(麩屋町通Ⅱ)」「YAMATO Ⅰ(大和大路通Ⅰ)」の5つの独立した棟からなる分散型ホテルです。それぞれの棟は、施設や客室タイプが異なりますが、どの棟に宿泊しても他棟にあるラウンジやジム、茶室などを使用することができます。

 

インテリアデザイナーとして初の紫綬褒章を受賞した内田繁氏を継承する内田デザイン研究所が全体をディレクション。棟ごとに安藤雅信、寺田尚樹、日比野克彦、アトリエ・オイと気鋭のアーティスト達と共同作業をして、それぞれオリジナルな環境を創り上げています。また、ホテルのユニフォームデザインには安藤明子を起用。

 

 

 

私が宿泊した「TOMI Ⅱ」は、ミラノ・サローネでも活躍するスイスのデザイングループ、アトリエ・オイが日本で初めて関わった空間デザインとインタレーション。夜に到着すると、和の素材を使った照明が織りなす空間の美しさにひかれました。

空間テーマは「陰影」とのことで、シンプルでミニマムな客室には、違い棚を思わせる壁面のモチーフに照明が仕込まれていて、心地よく落ち着きます。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第89回
5棟で一つのホテル。巡り歩けば いつの間にか京都の町と文化に交わってる


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top