OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/157964/

5棟で一つのホテル。巡り歩けば いつの間にか京都の町と文化に交わってる

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

OurAgeインタビュー/人生がちょっと変わるような「気づきの旅」を届けたいはこちら

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。ビルの合間に時おり暖簾のかかる格子戸、曲線を描く犬矢来。風情のある京町屋。京都の中心、四条通と五条通の間に“5棟で一つ”というユニークなホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」が2018年10月15日にオープンしました。ただ滞在の場というだけでなく、京都の文化と交わる、ひと味違う体験も提供しています。

 

photo by Tomooki Kengaku

 

「ENSO ANGO」は、それぞれの棟が立つ通りの名前を取った「TOMI Ⅰ(富小路通1)」「TOMI Ⅱ(富小路通Ⅱ)」「FUYA Ⅰ(麩屋町通Ⅰ)」「FUYA Ⅱ(麩屋町通Ⅱ)」「YAMATO Ⅰ(大和大路通Ⅰ)」の5つの独立した棟からなる分散型ホテルです。それぞれの棟は、施設や客室タイプが異なりますが、どの棟に宿泊しても他棟にあるラウンジやジム、茶室などを使用することができます。

 

インテリアデザイナーとして初の紫綬褒章を受賞した内田繁氏を継承する内田デザイン研究所が全体をディレクション。棟ごとに安藤雅信、寺田尚樹、日比野克彦、アトリエ・オイと気鋭のアーティスト達と共同作業をして、それぞれオリジナルな環境を創り上げています。また、ホテルのユニフォームデザインには安藤明子を起用。

 

 

 

私が宿泊した「TOMI Ⅱ」は、ミラノ・サローネでも活躍するスイスのデザイングループ、アトリエ・オイが日本で初めて関わった空間デザインとインタレーション。夜に到着すると、和の素材を使った照明が織りなす空間の美しさにひかれました。

空間テーマは「陰影」とのことで、シンプルでミニマムな客室には、違い棚を思わせる壁面のモチーフに照明が仕込まれていて、心地よく落ち着きます。

 

次ページに続きます。

「TOMI Ⅱ」の施設は、ラウンジ、レストラン、バー。宿泊者専用のラウンジの壁面はデザインや建築の本が並ぶ書棚、ソフトドリンクも置かれていて、デザイナーの書斎に招かれたよう。

レストランでは、ピンチョススタイルで充実の朝食をいただけます(2,500円 税・サ込)。

 

 

「TOMI Ⅱ」もヨーロッパから観た京都、日本を陰影というテーマで表現したところにとても面白みを感じたのですが、それぞれ独自の世界観を持つ5棟はアーティストのショールームのようでもあり、巡るだけでもかなり楽しめます。

 

 

周辺には、錦市場や佛光寺、鴨川を挟んで建仁寺や祇園があり、巡り歩けばいつの間にか風情ある京都の町並みに溶け込むよう。

 

 

「ENSO ANGO」で一番広い「FUYA Ⅱ」は、内田デザイン研究所がデザイン。茶室や立礼卓、Tatami Salon という畳みの間もあってモダンな“和の空間”が広がります。

 

 

日比野克彦氏による「TOMI Ⅰ」は、食と交流をテーマにしていて、オリジナルの壁画のあるゲストキッチンが設けられているのがユニーク(要事前予約。使用料無料)。

 

 

次ページに続きます。

棟ごとに異なるデザインの手水鉢があるのも京都らしいところ。各棟アーティストたちが思いを込めて創り上げた空間が楽しめますが、中にはバンクルーム(2段ベッドの部屋)もあるコンパクトなミニマルコンセプトの棟もあり、料金も選択の幅があります。

 

 

さらに、日本のホテルでは初めてという建仁寺両足院の坐禅を「ENSO ANGO FUYA Ⅱ」のTatami Salonで定期的に開催。

その他にも「京のおばんざい教室」「京職人トーク」「ジョギングインストラクターと朝の京都を巡る企画」など、京都に暮らすような目線で体験ができる「文化交流プログラム」を提供しています(宿泊者限定。開催日時、料金などはHPで告知)。

 

残念ながら今回は、タイミングが合わなかったのですが、坐禅は両足院副住職である伊藤東凌氏の手ほどきによるZEN-Meditation (有料)。坐禅の心得を日本語と英語で学べるプログラムで、次回にはぜひ開催の機会に訪れたいと思いした。

 

「ENSO ANGO」というホテル名は、禅の言葉である「円相 安居」から来ています。円相は、真理と向き合うための象徴。千年の歴史を持つ京都の町と文化に交わるような体験が自分の中に新たな真理をもたらすかもしれません。

 

ENSO ANGO  https://ensoango.com/

<前の記事

<前の記事
第88回/バリ島隠れ家リゾートでバリ舞踊体験 。 スパや食事なども組み入れた「美人滞在」とは?…

次の記事>

次の記事>
第90回/直行便で行けるべトナムの穴場!ダナンのリゾートが今おすすめなわけ…

この連載の最新記事

八重山の島は今が旬「星のや竹富島」で  味わう“島テロワール”な滞在(前編)

第113回/八重山の島は今が旬「星のや竹富島」で 味わう“島テロワール”な滞在(前編)

やっぱりときめくニューヨーク 、 New なおすすめスポットは?

第112回/やっぱりときめくニューヨーク 、 New なおすすめスポットは?

アーユルヴェーダ施設に籠って 、美&元気をリセット

第111回/アーユルヴェーダ施設に籠って 、美&元気をリセット

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル