加齢とともに便秘しやすくなるから、今のうちに対策を!


その便秘、放置していると大変なことになるかも!

更年期の便秘を甘く見てはいけない理由

「どうせ若いときから便秘だし…」とあきらめていませんか? 更年期以降の便秘の背景には、女性特有の骨盤底筋の緩みや、 腟の劣化がかかわっています。放っておいたら大変なことになる便秘の実態を知り、今のうちに対策を!

 

 

教えてくれたのは…

山名哲郎さん Tetsuo Yamana

山名哲郎さん

秋田大学医学部卒業。JCHO東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター部長。日本大腸肛門病学会専門医、指導医。便秘などの排便障害、痔疾患、骨盤底疾患(直腸瘤・直腸脱)、大腸がんなどの診断・治療に取り組み、直腸瘤には後腟壁形成術、直腸脱には腹腔鏡下直腸固定術を行う。おもな著書に『スーパー便秘に克つ!』(文藝春秋)など

 

 

松峯寿美さん Hisami Matsumine

松峯寿美さん

東京女子医科大学卒業。東峯婦人クリニック名誉院長。日本産婦人科学会専門医。女性専門外来の先駆けとして、妊娠・出産、更年期、老年期まで、婦人科系QOLを保つ医療を実践。骨盤底筋トラブルの治療や子宮脱を改善する経腟手術を行う。おもな著書に『50歳からの婦人科 こころとからだのセルフケア』 (高橋書店)など

 

 

 

 

加齢とともに 便秘しやすくなります

 

「そもそも便秘は病気ではなく、症状です。排便回数には個人差もあり、1日3回から3日に1回までは正常な回数。毎日排便がなくとも、不快感がなければ便秘ではありません」と大腸肛門科医の山名哲郎先生。

便秘には国際的な定義があり、「強くいきまないと便が出ない」「便が硬い」「詰まった感じがする」「自発的な排便が週3回未満」「残便感がある」「手でかき出さないと出ない」という6項目のうち、ふたつ以上が当てはまったときに便秘と診断されるのです。

 

便秘はあらゆる世代に見られる排便の悩み。しかし、下の「日本人の便秘人口」にあるように、男女ともに60歳以降に便秘になる人が増加します。

 

これは加齢とともに食事量や内臓の活動が低下すること、腹筋が衰えて便を押し出す力が弱まること、便意を感じる感覚が変化することなどがおもな原因。さらに女性の場合は、骨盤底筋の衰えが関連していると考えられます。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top