OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/161492/

あなたはどれ?3種の便秘タイプ、チェックテスト

更年期以降の便秘の背景には、女性特有の骨盤底筋の緩みや、 腟の劣化がかかわっています。放っておいたら大変なことになる便秘の実態を知り、今のうちに対策を!

 

 

教えてくれたのは…

山名哲郎さん Tetsuo Yamana

山名哲郎さん

秋田大学医学部卒業。JCHO東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター部長。日本大腸肛門病学会専門医、指導医。便秘などの排便障害、痔疾患、骨盤底疾患(直腸瘤・直腸脱)、大腸がんなどの診断・治療に取り組み、直腸瘤には後腟壁形成術、直腸脱には腹腔鏡下直腸固定術を行う。おもな著書に『スーパー便秘に克つ!』(文藝春秋)など

 

 

松峯寿美さん Hisami Matsumine

松峯寿美さん

東京女子医科大学卒業。東峯婦人クリニック名誉院長。日本産婦人科学会専門医。女性専門外来の先駆けとして、妊娠・出産、更年期、老年期まで、婦人科系QOLを保つ医療を実践。骨盤底筋トラブルの治療や子宮脱を改善する経腟手術を行う。おもな著書に『50歳からの婦人科 こころとからだのセルフケア』 (高橋書店)など

 

 

更年期以降は 直腸性便秘が増加します

 

便秘には腸のぜん動運動が鈍くなる 〝弛緩性便秘〟、ストレスによって腸の動きが過敏になる〝ストレス性便秘〟、便が出にくくなる〝直腸性便秘〟の3つのタイプがあります。最も多いのは弛緩性便秘ですが、食物繊維が豊富な食事をとっているのに改善しない場合には〝直腸性便秘〟の可能性が大。

 

直腸性便秘は便が直腸に到達していながら、排便できないケース。腹筋の衰えや、肛門がうまく開かないなどの原因のほか、閉経以降の女性の場合、骨盤底筋や腟の緩みがもとで直腸性便秘になるケースが多いのです。

 

婦人科医の松峯寿美先生によれば、「骨盤底筋が緩むと、子宮や直腸が下垂して、直腸性便秘を招きやすくなります。『便が出ない』と強くいきむと、緩んだ腟内に子宮が落下する〝子宮下垂〟、腟外に子宮が飛び出す〝子宮脱〟を招くことも。すると直腸も下がってきてしまうのです。お尻に負荷をかけない排便習慣を心がけましょう」

 

次ページに続きます。

あなたはどれ? 便秘の種類は3種類。 タイプをチェック!

A、B、Cの項目でそれぞれふたつ以上当てはまったら、それがあなたの便秘のタイプです。

 

【A】

□便通は週2回以下

□1週間近く便が出ないときもある

□下剤を使わないと便が出ない

 

弛緩性便秘

便の材料となる食物繊維の不足、運動不足が原因で、大腸のぜん動運動が鈍くなり、便が通過するのに時間がかかります。「何日も便が出ない」など排便回数が少ないことが特徴

 

 

【B】
□お腹の張りとともに痛みがある

□突然、強い便意におそわれることがある

□便秘と下痢が交互に起こる

ストレス性便秘

ストレスによって自律神経が乱れ、大腸の一部が痙攣したり、感覚が過敏になって現れる便秘です。医学的には〝過敏性腸症候群〞に含まれ、便秘と下痢を繰り返す人もいます

 

 

【C】

□食物繊維をたくさんとっても、便通がよくならない

□強くいきまないと、便が出ない

□排便後も残便感がある

直腸性便秘

便意を感じにくくなったり、便を押し出す力が低下するなど、いきんでも便が出にくくなります。骨盤底筋や腟の衰えによって直腸が変形する〝直腸瘤〞が原因の場合も(直腸性と弛緩性を併せ持つ複合タイプの人もいます )

 

 

イラスト/内藤しなこ 取材・原文/大石久恵

 

 

<前の記事

<前の記事
第1回/加齢とともに便秘しやすくなるから、今のうちに対策を!…

次の記事>

次の記事>
第3回/放っておくと怖い直腸性便秘:その1「直腸瘤」…

この連載の最新記事

ドクター直伝・便秘すっきり解消法!その4「入浴 」ほか

第8回/ドクター直伝・便秘すっきり解消法!その4「入浴 」ほか

ドクター直伝・便秘すっきり解消法!その3「腸腰筋」ほか

第7回/ドクター直伝・便秘すっきり解消法!その3「腸腰筋」ほか

ドクター直伝・便秘すっきり解消法!その2「前かがみのポーズ」ほか

第6回/ドクター直伝・便秘すっきり解消法!その2「前かがみのポーズ」ほか

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル