放っておくと怖い直腸性便秘:その2「直腸脱」


直腸性便秘が悪化すると、骨盤臓器脱(骨盤底疾患)を招く危険性も! 直腸性便秘と関連するトラブルについて聞きました。

 

教えてくれたのは…

山名哲郎さん Tetsuo Yamana

山名哲郎さん

秋田大学医学部卒業。JCHO東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター部長。日本大腸肛門病学会専門医、指導医。便秘などの排便障害、痔疾患、骨盤底疾患(直腸瘤・直腸脱)、大腸がんなどの診断・治療に取り組み、直腸瘤には後腟壁形成術、直腸脱には腹腔鏡下直腸固定術を行う。おもな著書に『スーパー便秘に克つ!』(文藝春秋)など

 

 

 

松峯寿美さん Hisami Matsumine

松峯寿美さん

東京女子医科大学卒業。東峯婦人クリニック名誉院長。日本産婦人科学会専門医。女性専門外来の先駆けとして、妊娠・出産、更年期、老年期まで、婦人科系QOLを保つ医療を実践。骨盤底筋トラブルの治療や子宮脱を改善する経腟手術を行う。おもな著書に『50歳からの婦人科 こころとからだのセルフケア』 (高橋書店)など

 

 

怖い理由 その2 直腸脱 RECTAL PROLAPSE

強くいきむ習慣が直腸重積や直腸脱を招くリスクも

 

直腸性便秘がもとで女性に起こりやすいのは〝直腸重積 (じゅうせき) 〟と〝直腸脱〟 などのトラブル。「便が出ないから」と強くいきむ習慣によって、直腸の出口の近くで直腸の壁が内腔にめり込んで重なる〝重積〟が起こります。これは、骨盤底筋や周囲の支持組織の支え が衰えたことによって、直腸自体が下がってしまうことが原因。いきんでも肛門がなかなか開かないため、腸の中に腸がめり込んでしまうのです。

 

しかも、直腸重積が重症化すると、体内で重積した部分が肛門の外に飛び出す直腸脱を招く心配があります。いきめばいきむほど、緩んだ骨盤底筋にさらに負荷がかかり、直腸が下がってきてしまうのです。

 

直腸重積がある人の場合、「便がスムーズに出ない」「残便感がある」「肛門のあたりで引っかかる」というのがおもな訴え。直腸脱を予防するためには、便秘薬で排便をコントロールしつつ、「強くいきまないように」と医師から指導されます。

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top