クリエイティブ ユニーク スタイリッシュ  未来を描くいいモノデザイン①

プロフィール写真

アメリカは、ニューヨークとカリフォルニアで暮らす。

金融機関勤務、ダンサー、ハリウッドパパラッチ隊、ランジェリー・スタイリスト。

ペットスタイリスト&ウエルネスアドバイザーとして従事。現在は、フリーランス・ライター&コーディネーター。

朝活ラン、ダンス、ヨガとネコと相棒くんと自由を謳歌する自由人。LGBTアライ、LOVE WINS!  LOVE PINK(ALECIA MOORE)♡ ♡ ♡

クリエイティブ ユニーク スタイリッシュ 

未来を描くいいモノデザイン ①

 

こんにちは。

 

6月下旬に人気の建築・インテリアデザイン雑誌dwell(ドゥウェル)が主宰する、アメリカ最大級のデザインイベントがロサンゼルス・ダウンタウンのコンベンションセンターにて開催されると聞きつけ、ニンマリっ。足を運んで参りました~♪

アメリカ最大級のデザインイベント入り口の様子

ロサンゼルスダウンタウンで3日間にわたり開催されたdwellデザインイベント。さすが、イベントの入り口も凝ってます。

 

今年で9回目を迎えたdwellのイベント。世界から集まった400社以上の展示ブースがあり、各専門家によるレクチャーや2014年dwell誌が選ぶ建築家やデザイナーの表彰式なども行われ、会場には約3万2千人の来場客が訪れて盛り上がりを見せていましたよ。

クリエイティブでユニークな建築デザインやプロダクツの展示とデモンストレーションを通して、老若男女、国境、文化や言葉の壁を超えた幅広いデザインの世界が広がっていました。また、新たなチャンスの発掘と夢をを抱く人々との出会い、彼らの熱い情熱に触れられて、とても貴重な時間を過ごすことができました。

 

今、注目のハイブリッド型のプレハブリビングホームの展示があり、早速、中を拝見っ! プレハブリビングホームの外装

これが注目のハイブリッドプレハブハウス。キッチン、リビングルーム、ベッドルームやバスルーム。パティオまであります。

ハイブリッドプレハブハウスの内装

ハイブリッド型のプレハブホームリビングは、インドア派、アウトドア派、それぞれの趣味やニーズに合わせて自由自在にデザインすることが可能だそう。また、高齢者や身体の不自由な方、発達障害、認知症を患う人を支えるご家族には、安全性と実用性に重点を置き、工夫を凝らしたフラットなインテリアに仕上げるなど、誰もが心地よく暮らせる空間を提供しています。

 

 

会場は、各パビリオンごとに別れいて、キッチンパビリオンでは最新型のキッチンで行われるお料理デモンストレーションに人だかり。カラフルなガスコンロ、オーブンからコンパクトにまとめたマイクロリキッチンユニット(これで、コンパクトなんですね)も。最新型キッチンとお料理デモンストレーション

それぞれのデザイン授賞式も。アウトドアカテゴリーで最優秀賞を受賞したSPROUTING SPROCKET STUDIO。ハズバンド&ワイフチームのDIY作品モービル(移動式)アウトドアリビング。素敵だわ~。

デザイン授賞式の様子と受賞作

また、こんなおウチはどうでしょう?実は、これ船荷用のコンテナ。丈夫さには自信があるそう。コンテナを楽しくリノベーションして、アイデア膨らむハッピーライフもいいかも!

船荷用のコンテナ

 

「dwellの意味は、LIVE。暮らす、存在するという意味。良いデザインとは、私たちの暮らしや環境をより豊かにするものであるとdwellでは考えています。建築、家具、プロダクツ、グラフィック、インフォメーションデザイン。それぞれのデザインには深い物語(ストーリー)が存在しています」

「旬のトレンドですか?それは、質(クオリティー)のあるデザイン。これは、昔も今も変わりません」

とお話をして下さったのは、dwell誌のアマンダ・デマロン編集長。

アマンダ・デマロン編集長

dwell誌のアマンダ・デマロン編集長。読者とのコミュニケーションを大切にしているそうです。

 

 

多種多様なライフスタイルと自身のオリジナリティーを大切にするアメリカでは、それぞれのニーズに合わせた建築、家具、生活アイテムが必要不可欠。かと言って、実用性に欠けるものであれば、使えないし、もったいないですよね。dwell誌では、地球の限りある資源と質の高いデザインに焦点を当て、考える・創る・未来を描くを定義にハイブリッドなライフスタイルの提案をしています。誌面では、毎日の暮らしを豊かにする様々なアイデアや人々を紹介。その実用性もレポートしてくれています。1ページ1ページ、ページを捲ると、デザインの向こう側に見えるそれぞれの哲学と生き方の物語が描かれている、読み応えたっぷりの一冊となっているのです。

dwell雑誌

様々なアイデアとストーリーで一杯の内容に、インスピレーションがたくさんもらえる!dwell誌は、国境なき建築団アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティーのメディアパートナーも務めています。特定の建築デザインやパーツに焦点を当てた別冊本も。右上はハイブリッドなプレハブハウス特集の別冊。下はアウトドアを感じさせるインドアリビングを楽しむヒントが満載の特集。

 

 

そんなdwell誌を手に取り、“WOW~!カッコいい~。素敵すぎる~”などと呟くデザイン音痴のワタシには、こういった華やかな世界は高嶺の花。ちょっと敷居が高すぎるかな~と感じたりもしていましたが、生活や環境に“変化”をもたらすデザインの世界とやらに興味が湧き上がり、実際にこの目で見たくなってデザインイベントに行ってみたのです。

今回の展示会のような、今いる世界から一歩踏み出してみる場所は、新たなインスピレーションと出会うチャンスでした!

 

次回は、会場で見つけた素敵なプロダクツをレポートしますね♪

 

KEEP SMILING &LOVE YOURSELFIE~♡

 

写真:HALE DAVIS

 

カリフォルニアPURA VIDAブログ発信中♪

http://puravidaca.exblog.jp/

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第4回
クリエイティブ ユニーク スタイリッシュ  未来を描くいいモノデザイン①

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top