直行便で行けるミャンマー 、ヤンゴンから心洗われる旅へ

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。タイは数多く訪れているのですが、今回が初ミャンマー。仏教徒が大多数の国で、黄金に輝くパゴダと呼ばれる仏塔のイメージが浮かびます。2018年10月から1年間の予定でビザ免除が試行されている今(入国時にビザの残存期間6ケ月が必要)、行ってみたいという気持ちがむくむくわいていました。

 

自分の会社員時代の人が集まるアジア会が、ちょうど今回はミャンマー開催。「遠いかな」と思っていたら、成田から首都ヤンゴンにANAが直行便を毎日就航していて、所要約8時間。しかも、戻りは夜10時に出て早朝到着で、仕事を帰国日からできそうなので、参加を決意!

成田からのANA往路便、エコノミークラスの2種類の機内食は写真入りのメニューを見せてくれて、スパークリングワインもあるのがうれしいですね。映画や音楽など日本語のエンターテインメントも充実していてリラックスできます。

 

ミャンマーは人口の6割はビルマ族ですが、タイ、ラオス、中国、インド、バングラディシュと接している、多民族国家。そんなミャンマーの料理は、主食は長米で、それに野菜と肉の煮込みや唐揚げ、スープ、野菜のピクルスなどのおかずが出ます。特徴といえば、油多め、ニンニク多め、しかしスパイスは一部民族をのぞいてそんなに強くないといったところでしょうか。まずは、食レポから。

 

ふわふわのオムレツの中を割ると野菜炒めが入ったこちらのお料理は、ミャンマーの北東部で中国やタイとの国境にあるシャン州料理の店「シャン・ヨーヤー」の一品。日本人駐在員の間でも人気店とのことで、あっさりと食べやすい味。

こちらはホテルで出た、ミャンマー定番の朝食の一つ「モヒンガー」。ライスヌードルとゆで卵に、なまずでとったスープをかけて、パクチーや唐辛子、揚げたニンニク、ライムなどを好みでトッピング。ウコンが入っているので少しカレーっぽく感じるスープは味が薄いので、味をトッピングで調整するようです。

麺好きの私がおいしいと思ったのは、ドライブインで食べた朝ごはん。シンプルなビーフン炒めは、豚肉と揚げたニンニク、ネギなどが入っていて醤油味。澄んだスープはあっさり、玉ねぎは甘酢漬け。日本人は「油少なめ」のオ―ダーがよいとガイドさんのアドバイス。2,000チャット(約150円)でした。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第92回
直行便で行けるミャンマー 、ヤンゴンから心洗われる旅へ


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top