鴨川のせせらぎを感じる5ツ星 ホテルで、特別な酒、和と古都の魅力を体感する贅沢

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。平安時代、京都は青龍、白虎、朱雀、玄武の4つの方角が司る四神相応の吉相の都とされていました。東を司る青龍とされたのが鴨川です。そんな鴨川とその向こうに東山を借景にして立つ「ザ・リッツ・カールトン京都」での、特別なお酒や和と京都の魅力を体感できる滞在をご紹介します。

 

 

鴨川を一望できるロケーションに、「源氏物語」をモチーフとした館内を飾る400以上のアート作品、メインフロアには三連の滝に石庭、そして木調に漆塗りなど和の意匠が映える客室。さすが世界有数のトラベルガイドである『フォーブス・トラベルガイド2018年、2019年』2年連続で関西初の“5つ星ホテル”を獲得しただけあって、「ザ・リッツ・カールトン京都」は、足を踏み入れた時から非日常な時間が過ごせるホテルです。

入ってすぐにゲストをお迎えする豪奢な松の盆栽をはじめ、すべてのボタニカルアートはフランスのトップフローリストであるクリスチャン・トルチュが監修。

また、ルーブル美術館にも作品が飾られている彫刻家でアートプラットフォームSANDWICHのディレクターである名和晃平による光り輝く琵琶をはじめとするアートや、京和傘日吉屋による照明など、館内全体が美意識に溢れています。

 

 

一階では、ピエール・エルメ・パリのアフタヌーンティーも楽しめる「ザ・ロビーラウンジ」が格子の向こうに。

また、美しい庭を挟んでイタリア料理の「ラ・ロカンダ」と庭園内に藤田財閥の創始者、藤田伝三邸の京都別邸「夷川邸」があります。

「ザ・リッツ・カールトン京都」は、「ホテルフジタ」の跡地に立っていて、こうした和の遺産も引き継いでいるのです。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第94回
鴨川のせせらぎを感じる5ツ星 ホテルで、特別な酒、和と古都の魅力を体感する贅沢


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top