OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

京都の伝統と斬新を表現するホテル 六根清浄の哲学に根ざしたスパも  

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。2019年1月29日にオープンしたばかりの京都駅前のホテル「ザ・サウザンド キョウトTHE THOUSAND KYOTO」に泊まりました。なんと駅から徒歩2分なのですが、その空間に、スパに、お料理に刺激された滞在となりました。

京都駅前、京都センチュリーホテルの隣にあって、入り口のスライディングドアの静かな佇まいは京都らしい趣き。

通り庭をイメージしたというエントランスアプローチを抜けると、いきなり大階段のある空間が広がり、まずは驚かされます。

 

この大階段は、京都の寺社仏閣がイメージ。

フロント横には、輝くオーガンジーが刻々と形を変えていくロビーアートの『wind_form』があって、見飽きません。約15分間に1回、無限大∞に円が一つ多いロゴマークと同じ形を描くのだとか。

ぐるりとこの大空間を囲んでいる格子の向こうが客室。格子は等間隔に並んでいるかと思えば、少しづつ幅が変えてあって立ち位置によって変化があるように見えます。

 

“コンフォート・ミニマリズム”というシンプルと洗練を追求したデザインコンセプトのベースに京都らしさがそこかしこに感じられます。例えば、客室の御簾のようなカーテン、文机のようなデスクなど木の質感が感じられるインテリアなど。バルコニーに庭のあるお部屋も。椅子も置かれて、しばし、都心であることを忘れそう。

 

次ページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第95回/花の季節の伊東、家族で集って楽しい宿で源泉プールや椿油作りを堪能…

次の記事>

次の記事>
第97回/もうすぐ100年のあのホテルで 、歴史の味をかみしめて…

この連載の最新記事

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル