重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

「疲労度チェックテスト」寝ても取れない疲れをゼロリセット!①


たっぷり寝たはずなのに、なぜか疲れが取れていない…。そんなことありませんか?

なんと、毎日の 生活の中で何気なくやっている習慣が、実は疲れをため込む行動である可能性大!

そこで、暮らしの中で簡単にできる、疲れをためないためのちょっとしたコツをご紹介。 実践して、疲れ知らずの体を手に入れましょう。

 

まず、東京疲労・睡眠クリニック院長である梶本修身さんにうかがったのは、気づかずやりがちな「疲れがたまる生活習慣」。

あなたのお疲れ度がわかるチェックテストもやってみてください!

 

 

梶本修身さん

Osami Kajimoto

梶本先生顔写真

1962年生まれ。大阪市立大学大学院 疲労医学講座特任教授。医学博士。 世界に先駆けて疲労の研究に着目。 『すべての疲労は脳が原因』(集英社) など疲労に関する著書も多数

 

 

こんなことしていませんか?

実は、こんな生活習慣が あなたを疲れさせている!

 

仕事

疲れる生活習慣①仕事

オフィスでは、長時間座り っぱなしでパソコン作業や デスクワークを続け、脳が フル回転状態

 

仕事帰りにジムで トレーニング

疲れる生活習慣②トレーニング

仕事帰りに、少しでも疲れとストレ スを解消しようと思い、ジムできつ めの筋トレやランニングをして汗を 流すのが習慣

 

 

入浴

疲れる生活習慣③入浴

疲れて緊張した体をほぐし たいと思い、熱いお湯に肩 までつかって入浴。ダラダ ラと汗が流れるまでゆっく り入って一日を終了

↓↓↓↓
疲れが足し算的にたまって、 疲労感MAXに!

疲れたときこそ運動や入浴をしなければと、仕事のあとにわざ わざやっている人は多いと思いますが、実は疲労は足し算。い ろいろな活動を重ねるほど疲れ度をアップさせてしまいます。

 

 

心あたりがある人も、私は大丈夫!という人も、「お疲れ度チェックテスト」やってみてください。

 

テストは次ページに!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top