OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ずらりとベジタブル料理の並ぶ朝食で元気に! 東京駅至近の伝統のホテルがすごい

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。東京に自宅があると、ホテルでの滞在機会は多くありませんが、ちょっと日常から離れて、友人とお泊まりでおしゃべり会などにはいいものです。東京駅至近の好立地で、40種もの野菜を使ったサラダとベジタブル料理に、日本料理15種が並ぶおいしい朝食が楽しみなホテルをご紹介します。

 

東京駅の八重洲北口から徒歩3分という立地抜群の「ホテル龍名館東京」。フロントは15階ですが、一階の入り口でお香のかおりがふんわり。

1899年(明治32年)開業で現在も営業中の「ホテル龍名館お茶の水(旧旅館龍名館本店)」からスタートして、分店としてここ東京駅前に1909年にオープンしたという歴史あるホテルです。

 

旧旅館龍名館本店は、日本画画家として有名な伊東深水など文化人、芸術家が愛好した名旅館なので、そんな和の流れを今も汲んでいます。2019年は、お茶の水本店は創業120周年、ここ東京店は110周年、さらに「ホテル龍名館東京」として開業して10年という節目。「ホテル龍名館東京」では客室の3割をリニューアルし、「東京駅から最も近いモダン旅館」をコンセプトにした新しいデザインルームもできています。

 

 

ミシュランガイドで8年連続(2012〜2019年)に2つ星パビリオンとして掲載されるという高い評価を得ていますが、その秘密の一つだと思われるのが、ホテルご自慢の朝食ブッフェ。15階の和食店「花ごよみ東京」では、本格和食を中心に、月替わりで約70品目が並びます。

 

私が訪れた時には、関東近郊の江戸東京野菜を含むサラダブッフェや、珍しいきのこが揃う野菜しゃぶしゃぶ。

お造り、目の前でどんどん作る焼き野菜、焼き魚に煮魚、和洋のおかずがずらりと並び、どれを取るか目移りしてしまいます。

さらに卵がけご飯が、専用のさっぱりと濃厚の卵2種類にとろろ、特製麦味噌まで、3度違うおいしさを味わえるというのにも驚かされます。

 

 

各メニューは、以前に料理長を務めたホテルでJTB 朝食アンケート全国1位を獲得した群馬県「源泉湯の宿 松乃井」の矢吹淳男シェフに監修を依頼。矢吹シェフの特別メニュー「丸鶏スープ」は、鶏丸ごとの出汁がたっぷり出て、お腹に沁み入ります。

 

こちらの朝食は、宿泊客以外も平日7〜10時、土日祝のホリデーブランチは7〜14時に利用出来ます(税込み 2500円)。

<前の記事

<前の記事
第100回/全米一のかわいさにときめく!イリノイの小さな町ガリーナは魅力がいっぱい…

次の記事>

次の記事>
第102回/マイルドなタイ北部料理にスパ、 チェンマイのんびりゆったり旅…

この連載の最新記事

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル