OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

炭酸足湯や炭酸シャンプーを手作りして自宅で簡単に!

血行促進や疲労回復効果があるという炭酸入浴。毎日のことだから、お財布にもやさしいほうが安心ですよね。そこでおすすめなのが、手作りする方法。重曹とクエン酸さえあれば、だれでも簡単に作れます。炭酸風呂だけでなく、炭酸シャンプーもできるので、ぜひ取り入れたいですね。

 

教えてくださったのは…

Hiromi Takahashi

髙橋弘美さん

炭酸美容家・薬事/研究開発コンサルタント。米国・ホリスティック栄養理学士。シーオーツープラス代表取締役社長。2017年よりニュージーランド在住

 

 

炭酸風呂の作り方

 

用意するもの
重曹とクエン酸

重曹とクエン酸はドラッグストアや通販サイトで購入できますが、選ぶ際は料理にも使える「食品グレード」「食品添加物」と表記されているものを。お湯に溶かして肌に直接触れるものなので、「お掃除用」と書かれているものは避けましょう。国産重曹 950g¥454・無水クエン酸 950g¥583/ニチガ

 

1バスタブに36~40℃のお湯を張る

お湯の温度が高いと炭酸ガスが気化してしまうため、40℃以下に設定。夏は36~38℃、冬は38~40℃くらいがいいでしょう。炭酸ガスの効果で実際の温度より高く感じるため、ぬるめのお湯でも心地よく入浴できます。

 

2重曹をよく溶かす

まずバスタブにお湯を張り、そこへ重曹を加えて溶かします。分量は、お湯150ℓに対して重曹250g。ただしバスタブの大きさは各家庭によって違うので、あくまでも目安として考えてください。

 

3クエン酸を入れる

重曹を溶かしたお湯に、200gのクエン酸を加えます。クエン酸を入れたらかき混ぜずに、静かにお湯につかりましょう。シュワシュワした泡が出たら成功です。泡が出ない場合は、重層とクエン酸の量が不足しています。重曹5:クエン酸4の割合でそれぞれ増やしていき、バスタブのサイズに合った配合量を見つけてください。

 

 

POINT

追い焚きはしない

今回紹介しているのは、800~1,000ppm以上の高濃度炭酸ガス風呂です。ボイラーの銅管を傷める恐れがあるので、入浴後の炭酸湯は追い焚きのためにボイラーに戻すことはせず、すぐに排水してください。

 

 

高濃度の炭酸風呂だから起こる「潮紅反応」

高濃度の炭酸風呂につかると、つかっている部分の肌が赤くなります。これは「潮紅反応」といい、炭酸ガスの作用で血行がよくなったというサイン。お湯の温度が高いせいで赤くなったわけではなく、炭酸の効果を証明するものです。

<前の記事

<前の記事
第3回/自宅で気軽に楽しめる「炭酸風呂」の作り方…

次の記事>

次の記事>
第5回/炭酸と入浴に関する素朴な疑問Q&A 炭酸シャワーの効果は?ほか…

この連載の最新記事

日本全国の天然炭酸温泉スポット

第6回/日本全国の天然炭酸温泉スポット

炭酸と入浴に関する素朴な疑問Q&A 炭酸シャワーの効果は?ほか

第5回/炭酸と入浴に関する素朴な疑問Q&A 炭酸シャワーの効果は?ほか

炭酸足湯や炭酸シャンプーを手作りして自宅で簡単に!

第4回/炭酸足湯や炭酸シャンプーを手作りして自宅で簡単に!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル