OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/24378/

症状別ツボ押し●島田セレクト【頭痛に効くツボ】

体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら 体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら

これまでご紹介した多機能ツボBEST10を使う実践編、いよいよスタートです!実はミーナは頭痛持ち。これまでは、頭痛薬に頼ることが多かったので、ツボ押しに期待大!しかも、頭痛の原因別にツボがセレクトされているので、10個のツボ、しっかりマスターします。

 

 

どのツボを選んで、どう押せば効く?

症状の原因にアプローチしたツボ選び

 

 

「頭が痛いなら頭のツボでしょ」「肩コリには肩にあるツボよね」と思ってしまうのは、私たち素人の考え方。
東洋医学のプロは、その症状を起こしている原因にアプローチしてツボを選びます。

 

島田先生のセレクトは、これまで紹介した手と足のツボ10個だけ!

島田流の押し方は2通り

東洋医学では「虚」に対しては足りないものを補う(補法)、「実」に対しては滞っているものを流す(瀉法)という考え方で治療します。ツボの場合、補法は弱い刺激、瀉法は強めの刺激のこと。強い・弱いの2通りの押し方を使い分ければ効果は確実にアップ!

 

補法(=ヤワヤワ押し)瀉法(=グリグリ押し)の使い分けに注目して実践してください。

 

 

今回は、痛みの種類から原因を推定、【頭痛】に効くツボを選びました。

 

東洋医学では痛みの種類によって、その原因をある程度特定することができます。
よくある【頭痛】の種類から、「気血水」のうち何が異常なのかを推測し、それに対応するツボと押し方を紹介します。

 

 

東洋医学で使われる「気・血・水」とは・・・

009-02_Web用

「気」は目には見えないエネルギー、「血」は血液とそれに含まれる栄養素、「水」は血液以外のすべての体液。この3つが体の中を巡ってバランスをとり、健康が保たれているというのが東洋医学の考え方。

 

3要素の過不足や流れの停滞など、異常な状態を「気逆」「気虚」「気滞」「瘀血」「血虚」「水毒」などと分類して表します。

 

 

009-03_Web用

■キリなどで刺されたような鋭い痛み(場所は固定)

●血の流れの停滞=瘀血(おけつ)

血の流れが悪く停滞している状態を「瘀血」といい、気の不足、気の停滞、冷えなどで起こります。刺すような痛みや肌のくすみなどが特徴です。

 

島田セレクトは…

008-01_Web用

三陰交は全身の血の状態を改善するツボ。血の流れの停滞(=実)を取り除くため、瀉法「グリグリ押し」で。

 

 

■頭が締めつけられるような痛み(天気が悪いと悪化)

●水の流れの停滞=水毒

余分な水が体に停滞して頭痛などの不調が現れる「水毒」。飲酒や冷たいものをとりすぎることで起こり、湿度が高いとだるさを感じることもあります。

 

島田セレクトは…

011-05_Web用

合谷は頭の痛み全般に効果的なツボ。気も水も流してくれます。停滞(=実)に対応するのは瀉法。やはり「グリグリ押し」で対応します。

 

 

■我慢できる程度の鈍痛(疲れると悪化、休むと軽減)

●気の不足=気虚

元気のもとである〝気〞。不足すると全身の機能が低下して、やる気も起きなくなり、頭が重い、痛いと感じます。休息すると回復するのが特徴です。

 

島田セレクトは…

008-03_Web用

足三里は胃と関係が深く、元気を取り戻す力があるツボ。気が不足(=虚)している症状には、補法がよいので「ヤワヤワ押し」でOKです。

 

 

■特定の場所が痛む片頭痛(精神的な緊張で悪化)

●気の流れの停滞=気滞

気の流れが悪いと落ち込みやすく、精神的な緊張から頭痛につながります。上から下へ流れる正常な循環が乱れ、ほてりなども出やすい症状です。

 

島田セレクトは…

011-06_Web用

太衝は気の流れと関係が深い〝肝〞を治すツボで、上下の流れを正常化してくれます。停滞(=実)に対しては瀉法「グリグリ押し」を。

 

 

監修:島田 力さん Tsutomu Shimada

22s283_Web用

profile

「スクール・トリートメント・カフェ気流」代表、フィットフード協会理事、鍼灸師。父の影響で東洋医学の世界へ。専門学校での鍼灸教育、在宅鍼灸臨床への取り組み、東洋医学外来設立などにも参加。東洋医学に基づく暮らしを提案しつつ、鍼灸治療、セミナー開催、執筆などの活動中。

http://kiryu-bws.jp

 

 

 

 

次回は、【冷え】の症状に効くツボ&ツボ押しをご紹介します。

 

 

撮影/広瀬壮太郞 ヘア&メイク/木村三喜

イラスト/福井信明(HOPBOX)  構成・原文/蓮見則子

体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら 体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら

今すぐチェック!

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第11回/眠れない時に押したいツボ 失眠(しつみん)…

次の記事>

次の記事>
第13回/症状別ツボ押し●島田セレクト【冷えに効くツボ】…

この連載の最新記事

胃のムカムカ、不快感に効くツボ – 内関(ないかん)

第22回/胃のムカムカ、不快感に効くツボ – 内関(ないかん)

症状別ツボ押し●島田セレクト【不眠・眠りが浅い症状改善のツボ】

第21回/症状別ツボ押し●島田セレクト【不眠・眠りが浅い症状改善のツボ】

症状別ツボ押し●島田セレクト【手足のむくみ改善のツボ】

第20回/症状別ツボ押し●島田セレクト【手足のむくみ改善のツボ】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル