XOXOボディオロジーで股関節痛&腰痛予防⑤全身呼吸法をマスター STEP3

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

気持ち良さそうな「全身呼吸法」、ちゃんとマスターしたいと思っているミーナです。。骨盤の動きをしっかり意識することが、肝心だそう。

 

 

XOXOボディオロジーの「全身呼吸法」、

STEP3では、ボールを膝に挟んで実践します!

 

STEP3
ボールを膝に挟んで

 

ボールを膝に移動させ、全身呼吸法を実践。

これは胸郭と背骨全体を使って行う、

XOXOボディオロジーの理想的な呼吸法。

骨盤の動き、胸郭の開き、背骨のしなりなど、

体の各部位の動きと呼吸の関係をしっかり把握して行うことで、

本来の呼吸の機能を取り戻します。

深い呼吸ができると、気持ちが解放され、豊かな心身に導きます。

 

 

ボールを太ももの間に

 

1.仰向けになり、ボールを左右の太ももの間に挟みます。

両手は軽く開き、体の横に置いてスタンバイ!

 

少しずつ骨盤を後傾

2.息を口からゆっくりと吐き、お腹を凹ませながら、

尾骨をはがすようにして少しずつ骨盤を後傾させていきます。

 

膝と肩が一直線に

3.そのまま息を吐き続けならが、尾骨を引き上げて、

膝と肩が一直線になるように。

この状態まできたら、ゆっくり息を吸い込みます。

 

腰、骨盤の順に床に

4.次にゆっくりと息を吐きながら、みぞおちを下ろし背中を丸めて、

腰→骨盤の順に床に下ろします。このとき骨盤は後傾しています。

 

最初のポジションに

5.こうして最初のポジションに。

これを数回繰り返すことで、腰まわりと背骨が柔軟になり、

背骨全体が動くようになってきます。

 

 

骨盤の動かし方をクローズアップ!

 

骨盤の可動域を広げる

 

全身呼吸のときの、骨盤の動きです。

息を吐くときには骨盤が後傾(恥骨が上がる)、

吸うときには骨盤が前傾(恥骨が下がる)する動きをマスターしましょう。

 

 

 

腰椎が緩やかに湾曲

床に仰向けになった状態。

腰椎は緩やかに前に向かって湾曲しています。

これを最初のポジションとします。

 

恥骨上がる 骨盤後傾

息を吐くときには、背骨が丸くなり、それとともに、恥骨が上がり、

骨盤は後傾する形になります。

 

恥骨下がる 骨盤前傾

息を吸うときには、胸郭を広げるとともに、背骨を反らせます。

すると恥骨が下がり、骨盤は前傾する形に。

 

 

さあ、全身呼吸法はマスターできましたか?

次回は、股関節の調節にも役立つ足の動きを紹介してもらいます。

 

 

 

 

辻茜さん 顔写真

辻 茜さん Akane Tsuji

profile

「Body Making Studio Aulii」代表。

ピラティス マスタートレーナー、ボディオロジージャパン アンバサダー。

丁寧な指導で、2011年インストラクター オブ ザ イヤー受賞。

 

 

 

撮影/板野賢治 ヘア&メイク/三澤公幸(3rd)

取材・原文/山村浩子

シェア ツイート LINEで送る
第23回
XOXOボディオロジーで股関節痛&腰痛予防⑤全身呼吸法をマスター STEP3

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top