しなやかに若々しい体を維持する「美骨の秘訣」/安藤和津さん

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、ミーナです。今回「美骨」の秘訣を教えてくださるのは、安藤和津さん。ずいぶん昔のことになってしまうのですが、サウナで安藤さんをお見かけしたことがあり、そのスタイルの良さと肌のツヤツヤぶりを羨ましく思ったことが・・・とても、年上の方とは思えませんでした。運動、食事と、ちゃんとメンテナンスされてるからなんですね。

 

年齢を重ねて、ますます姿勢よく、はつらつと!

先輩に教えてもらう!

美骨の秘訣

 

 

体を支える骨の健康は、女性ホルモンが減少するOurAge世代から急速に変化します。それを乗り越えて、しなやかに若々しい体を維持している3人の先輩にその秘訣を伺いました。

 

まさにOurAge世代からの日々のエクササイズと食事法がキーポイント!

 

 

今回は、生活に食事や運動を上手に組み込み、しなやかボディを維持している安藤和津さんの「美骨の秘訣」をご紹介します。

 

 

介護首やぎっくり腰も自分で体を動かすことで克服!

 

介護でボロボロになった体。ストレッチや生活を工夫することで、今はしなやかボディに。食事、水、運動が骨美人の秘訣です。

 

 

安藤和津さん Kazu Ando

カーディガン¥24,000・ワンピース¥36,000/プレインピープル青山(プレインピープル)ネックレス¥20,000/プレインピープル青山(デザイン バイ ソニア)

カーディガン¥24,000・ワンピース¥36,000/プレインピープル青山(プレインピープル)ネックレス¥20,000/プレインピープル青山(デザイン バイ ソニア)

 

 

 

しなやかな関節維持には
毎日のストレッチを

 

手を広げ、左右の肩甲骨を寄せるストレッチは猫背の予防に。「65歳になったとき、区の高齢者保健センターから介護保険の書類が届きました。自分がもうそんな年齢になったことに愕然。奮起して、柔軟な関節を維持する努力をしています」

 

 

 

食事も運動も生活に組み込む工夫を!

 

 

「私の50代は、まさに実母の介護の日々。8年間の介護生活が終わったときには、すっかり〝介護首〞になっていました」(安藤さん)

 

介護首とは、介護時に前にかがむ姿勢が多いため、首が前傾して固まり、痛みが出たり、可動域が制限される頸椎の症状のこと。

 

「これに加え、ぎっくり腰、腕が上がらないなど、当時の体は本当にボロボロでした。マッサージなどに行っても、肩甲骨のところに指が入らないほど、体はコチコチに固まっていました」

 

しばらく整体やマッサージに通っていた安藤さんですが、そのうち、これは自分で体を動かしたほうがいいのでは? と思うように。

 

 

「他力本願をやめて、簡単にできるストレッチやエクササイズ、姿勢に気をつけるなど、日常生活でできることを取り入れるようになりました」

 

特に最近のお気に入りがMBTシューズ。正式名称はマサイ・ベアフット・テクノロジーといい、アフリカのマサイ族が裸足で歩く仕組みを取り入れた靴です。靴底をあえて不安定に加工し、特にかかとの部分が沈み込むようにできています。

 

「そのため、履いた瞬間から背筋が伸び、それを維持しながら、かかとで着地して、足裏をきちんとローリングさせないと歩けないのです」

 

 

毎日のメンテナンスは自宅で。ストレッチポールやソフト加圧ベルトが活躍。MBTのシューズは日々の歩行時をエクササイズタイムにしてくれる優れもの。普段のファッションにも合う、ローファーやパンプスなど、デザインも豊富

毎日のメンテナンスは自宅で。ストレッチポールやソフト加圧ベルトが活躍。MBTのシューズは日々の歩行時をエクササイズタイムにしてくれる優れもの。普段のファッションにも合う、ローファーやパンプスなど、デザインも豊富

 

 

 

これで歩くだけで、全身の関節が正しいポジションになり、インナーマッスルを強化、消費カロリーの増加でダイエット効果も。腰痛や肩コリの改善にも役立つというもの。

 

 

「以前はジムに通っていたこともありますが、最近はとにかく忙しくて…。これなら、わざわざ時間をとらなくても、仕事の移動中、スーパーに買い物に行くときに、同時にエクササイズができるというわけ。継続のポイントは生活の中に上手に組み込むことです」

 

こうした地道な努力の積み重ねで、体の不調を克服。骨密度は年齢平均よりも優秀という結果が!

 

「骨の質が良好なのは、昔から骨によいとされる食べ物、例えば、乳製品、海藻、納豆や豆腐などの大豆製品が大好きで、よく食べていたからかもしれません。これに加え、昔からこだわっていたのが水です」

 

現在は抗酸化作用があると話題の水素水を導入。

 

「人間の体のほとんどが水でできているのですから、摂取する水はとても大切です。毎日の細胞を作っているのは食事と水。私が介護時代に睡眠2時間だったのに、倒れず、いい骨質と肌状態を保っていられたのは、良質な食事と水のおかげだと思っています」

 

 

最近は便利なファストフードや惣菜などが手軽に買えますが、安藤さんは〝本物〞の食材にこだわり、漬け物や調味料なども、できる限り手作りを実践。化粧品もオーガニックコスメを自分でプロデュースしています。

 

「アワエイジ世代は自分をリセットする最後のターニングポイント。ここでしっかり自分と向き合うことで、その後の20〜30年に違いが出ます。同じ古い物でも、ガラクタと骨董品は違います。私は付加価値がついた〝本物〞の骨董品になりたい。新しい(若い)ものにはない〝味〞のある、〝若い頃よりも素敵ですね〞と言われるような大人の女性を目指しています」

 

 

 

 

MBTシューズは骨格を整え、筋トレ効果も抜群

 

MBTのスニーカーを履いて、背筋をピンと伸ばして、颯爽と歩く安藤さん。

「骨の健康には、骨自体の質と骨格の維持があります。それには、毎日の食事を見直し、軽い運動を日々の生活に無理なく組み込むことが大事です」

カーディガン¥45,000/モディファイ恵比寿グラススクエアパンツ¥22,000/レキップ その他/私物

カーディガン¥45,000/モディファイ恵比寿グラススクエアパンツ¥22,000/レキップ その他/私物

 

profile

1948年生まれ。エッセイスト。NHKやCNNのキャスターを経て、TVやラジオでコメンテーターとして活躍。教育、食、介護体験などをテーマに講演も行い、文科省、厚労省の審議会委員も務める。夫は俳優で映画監督の奥田瑛二さん、長女は映画監督の安藤桃子さん、次女は女優の安藤サクラさん

 

 

 

次回は、骨、筋肉、そして心までも柔軟に保っている、ヨガインストラクターのチエさんの「美骨の秘訣」をご紹介します。

 

 

 

撮影/梅川良満 ヘア&メイク/宮沢かおり スタイリスト/松田綾子(オフィス・ドゥーエ)

取材・原文/山村浩子

シェア ツイート LINEで送る
第8回
しなやかに若々しい体を維持する「美骨の秘訣」/安藤和津さん

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top