いつまでも“歩ける体”をつくるために“足指”を育てよう!⑤「指ねじり」エクササイズ

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、ミーナです。お届けしている足指エクサザイズにトライするにつけ、いつのまにかすごく動きが固くなっていることを発見。じっくり取りくんで、柔軟さを取りもどさなくては。

 

 

大地を踏みしめる小さな足を見直す。

柔軟でよく動く〝足指〞を育てよう!

 

 

将来ロコモにならないために、とても重要なのが体を支えている足指の健康。

10本の指をしっかり使い、〝歩ける〞体を目指して!

 

 

ここでは、シューフィッターを経てセラピストに転身した石田ミユキさんに、いつまでも“歩ける体”であるために重要な“足指”の大切さについて教えていただきます。

 

 

 

 

石田ミユキさん Miyuki Ishida

MyAge_005_050-01_Web用

profile

セルフケアコーディネーター。シューフィッター有資格セラピスト。タイ流セルフケアサロン「OM NAMO(オナモ)」代表。一般社団法人「臨床タイ医学研究会」でタイ流介護予防セミナー開催。著書に『歩けるからだになるために』(BABジャパン)

OM NAMO ☎050-1411-6356

 

 

 

 

足指を柔軟にするエクササイズ

 

 

一日酷使した足をいたわるように、固くなった足指を心地よくするストレッチ&エクササイズをご紹介。

ご紹介するストレッチ&エクササイズは、下の写真のように椅子に座って行います。

MyAge_005_052-01_Web用

 

今回は、歩行を柔軟にし、膝や腰痛予防にも効果が期待できる「指ねじり」というエクササイズです。

 

 

 

 

 

「指ねじり」

 

足の親指と小指を持って、指を左右に開き、続いて親指を足裏側(手前)に曲げ、同時に小指を甲側に反らせます。足先を大きく前後にねじることで、「指きり」よりも、指を広い範囲に動かすことができます。

 

歩行を柔軟にする足裏のアーチを整える効果に加え、タイ医学的な腰や膝のツボを刺激することで、膝や腰痛の予防にも役立ちます。

 

 

 

 

1.

左右の手で、足の親指と小指の付け根のあたりを持ちます

MyAge_005_052-05_Web用

 

 

 

2.

親指を足裏側(手前)に倒し、同時に小指を甲側に反らせながら、足先をねじります

MyAge_005_052-06_Web用

 

 

 

3.

次に、親指を甲側に反らし、小指を足裏側(手前)に倒し、逆のねじりを加えます。

これを数回行い、もう一方の足を同様に

MyAge_005_052-07_Web用

 

 

 

 

 

次回は、冷えの解消のほか、脳や目の疲れの解消にも役立つ「指回し」エクササイズをご紹介します。

 

 

 

撮影/藤澤由加 取材・原文/山村浩子

 

シェア ツイート LINEで送る
第20回
いつまでも“歩ける体”をつくるために“足指”を育てよう!⑤「指ねじり」エクササイズ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top